*初恋*

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 マシュマロガール-前- 【イラスト】安産祈願 ema様より
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

「二次創作」
前後編

マシュマロガール-後-(3/28挿絵挿入)

 
 マシュマロガール-前- 【イラスト】安産祈願 ema様より
マシュマロガール-後-

2012/03/28 ema様から頂いたイラストを掲載させていただきました♪
平凡なお話に彩が……!ありがとうございました!!






 女湯では、好美が琴子に抱きついていた。

「うわっ、琴子先生柔らかい!」
「きゃああ、好美ちゃん!?」

 さすがの紀子も驚いたのか、目の前で琴子に抱きつく好美を驚いて見ている。
 紀子の場合、さすがに他所のお嬢さんに対してそこまでの真似は出来ず、見たままを伝えることだけをしていたのだが、女子のノリ全開の好美は、構わず琴子に触れていた。

「あ、あたし別に柔らかくなんて…!」
「何言ってるんですか、こんなマシュマロみたいな体しておいて!」
「えええっ!?」

 ふにふにと腕を揉まれ、琴子は目を白黒させる。
 好美曰く、自分の周囲はいやらしい意味はなく、このノリでずっと来ているという。小学校からのエスカレーター校で、学年全体が幼馴染と言っても過言ではない環境だからこそ、かもしれない。
 それとも、そういう世代なのだろうか。
 九つも違うとそれもあり得る話で、琴子はきゃっきゃっと喜ぶ好みを止められない。

「あたしなんて、胸も小さいしそんな」
「胸が大きくないとダメなんですか?」
「え!?う、ううん!入江くんはそんな、巨乳好きじゃないわよ!」

 ばしゃん!!――男湯で直樹が顔面からお湯に突っ込んだ。
 …琴子らは知らぬことだが。

「じゃあいいじゃないですか。色白でマシュマロボディなんて、憧れちゃいます!」
「あわわ、そんな大きな声で……」

 琴子が慌てて好美の口を塞ぐが遅い。
 当然それは男湯にも届いており、先ほどまでお湯に沈んでいた裕樹はますます居た堪れなくなって小さくなり、重樹はさっさと内風呂へと避難してしまった。
 堂々としているのは、岩に背を預けてため息をついている直樹くらいだろうか。

「こ、好美ちゃん!もうそろそろ内風呂戻ろうか、ね!?」
「え?」
「お義母さんも、戻りましょう!」

 琴子はざばっとお湯から上がると、すたこらさっさと逃げ出した。
 これ以上ここにいたら、とんでもないことを言われ続けることになりそうだったのだ。琴子にしては賢明な判断だった。
 好美としては、修学旅行などで友達としていることと大して変わらないことを言っただけのつもりなので、琴子がどうしてそこまで慌てるのかはわからない。
 だが、紀子が嬉しそうに「好美ちゃん、グッジョブよ!」と言ってくれたので、まあいいか、と思っていた。
 そう、好美にとっては友達とのじゃれ合いの延長で―――まさか男湯の直樹が「マシュマロねぇ」とニヤリと悪い笑みを浮かべるようなことをしたとは、全く思っていなかったのである。






                           **************






 入浴からそのまま食事へと移り、それぞれの部屋に戻ってきた時には二十時を回ろうかという頃になっていた。
 
「おい、すぐ寝ると牛になるぞ」

 美味しかった、と言いながら勢いよくベッドにダイブした琴子を直樹が諌める。
 だが、夕食の席で少しお酒を嗜んだ琴子には効果などない。とても美味しい日本酒で、懐石料理にとてもよく合っていた。
 重雄が板前ということもあり、美味しいものには敏感な琴子も手放しで褒めるような料理の数々だった。
 お蔭で胃はぱんぱん。
 さらにお酒でほろ酔いで、琴子は非常に気分が良かった。
 ふわふわと雲の上を歩いているよう……とまではいかないものの、かなり良い感じに出来上がっている。
 直樹はそんな琴子を横目で見やり、ため息をついた。
 大トラにならなかっただけマシと思うべきなのか。
 二人きりなら少しくらい甘やかしてやっても、と思っていた直樹の心など知らず、琴子はベッドの上を意味もなくコロコロ転がり、楽しそうにしている。
 その動きのせいで浴衣の裾が捲れ、白く細い足が露わになっていた。

「……」

 ゆったりとソファーに座って景色でも、と思っていた直樹の目がスッと細められる。
 脳裏には、先ほど露天風呂で聞いた好美の言葉が蘇っていた。
 マシュマロボディ。
 直樹の愛する、琴子の体。
 なるほど、その通りだと思っていた。
 きめ細やかで白くて柔らかくて。胸の大きさなど問題にもならない。
 いわゆるボン、キュ、ボンではないが、五感にストレートに響く滑らかな曲線を描いていて。
 抱きしめるとふわふわで、口づければ匂いたつ香りと甘さに極上の菓子を思い浮かべるのだから、確かにマシュマロと言ってもいい。
 その体を無防備に直樹の前に差し出し、ニコニコしている琴子は狼の前に差し出された子羊だ。
 そしてこの狼の辞書に、こと琴子に関して遠慮だとか、自重という文字はない。
 
「……琴子」
「うん~?」

 柔らかな栗色の髪をシーツに広げ無邪気に笑う琴子に、直樹は笑みを深める。
 長い指をそっと白い肌に這わせると、もちっと子供のような弾力が返ってきた。

「琴子」
「や、ん」

 うつ伏せになった琴子に伸し掛かるようにして添い寝すると、直樹は小ぶりながらもぷるんとした琴子の胸を両手で包んだ。
 そのまま弾力の感触を楽しんでいると、琴子が息を乱して直樹を振り返る。

「入江くん…?」
「マシュマロ食おうかと思って」
「へ?」

ema様より-マシュマロ♪

 直樹は琴子のウエストにあった帯を解くと、あっという間に浴衣を乱した。
 上から圧し掛かられているせいで満足に身動きの取れない琴子は、絶え間なく与えられる愛撫に早くもとろとろに蕩けてきている。

「このマシュマロは俺のもんだもんな」

 そうして直樹は、琴子マシュマロを美味しく美味しく召し上がったのだった。



END





何が言いたかったって、琴子ちゃんは胸は控えめだけど柔らかくって入江くんにはマシュマロみたいに美味しいお菓子に思えてるに違いない!ということでした(笑)。
そのために好美ちゃんまで巻き込んで箱根に…。
イリちゃん、そんなことで稼ぎを使わせてすいません!!


冒頭にも添えさせていただきましたが、ema様からいただいたこのイラスト。入江くんの悪い顔ったらもう、たまりません(ヨダレ)!
マシュマロ食べられちゃうのね、そうなのね!?と萌え死にするかと思いました(*´ω`*)
関連記事

総もくじ 3kaku_s_L.png 【二次創作】
もくじ   3kaku_s_L.png   前後編
*Edit ▽CO[16]   

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは! 

前後編読ませていただきました!
まさに好美ちゃん、グッジョブですね(笑)入江クンを炊きつけるには十分!女の私でも琴子のボディ、ちょっと触ってみたい!!
男湯で大慌ての裕樹くんですが、ママのしゃべるアレコレで、裕樹くんの「男」が反応しちゃったらどうするの?とドキドキしておりました(笑)父や兄の前で全裸ですよぉ、ハズいでしょう(笑)
あとがきの、「イリちゃん、そんなことで稼ぎを使わせてすいません」に大ウケです(爆)

>ちぃ様 

>ちぃ様

そうなんです!おかわり自由に感謝するような、そんなお菓子なのです(笑)!
東北生まれのママの血を引いて、琴子ちゃんは間違いなく色白でもっちりお肌と思いこんでおりまして……個人的には、入江くんの努力もあってAカップからBカップ(ギリギリ)になってるといいなというのもあり、美脚と合わせて神バランスと想像しております♪
あのクールな天才をただの男にしちゃう琴子ちゃん、というのが萌えで萌えで…。
その召し上がる様、隔日に鍵かかりますがよろしいでしょうか!?気付けばそっち系をアップするのは久々で、緊張です(笑)。

>ema様 

>ema様

もうすでに知らぬ方はいない、というくらいの素敵イラストの宝庫でいらっしゃいますもん!
末永くよろしくお願いいたします(^▽^)!

マシュマロ、大変白くてぷるぷるしてて美味でございます。
あのクールでツンデレな方のお口を満足させる一品ですので…(笑)。

>まぁに様 

>まぁに様

本当に羨ましいッッ!私もつい先日、荒れた手を見てガックリでした(涙)。保湿クリームと夜中の手袋をさぼっちゃいかんですね……琴子ちゃんみたいに、綺麗なマシュマロbodyじゃないんですから。はうぅ。

そうそう、女の子ってけっこう触ったりしますよね!体育の着替えの時とか、下着チェックもあった気がします。自分では目を瞑っていたブラの穴を指摘されたりとか…(^^;(←その頃からおばさんだったのです)
ソフトエロ…を装う天才。装ってるだけなので、性質悪いですよ(笑)。
だってこの後、美味しく召し上がりますもん、絶対!そのための部屋風呂でしょ!?という感じです~。

また妄想させていただいて、皆様に見ていただけるよう進めていきたいと思います。
ありがとうございました!

>narack様 

>narack様

好美ちゃん、これなら女子高に行っても大丈夫ですよね(笑)。
9年も経つと、今時の子はもっとすごいのかなぁ……とか。好美ちゃんは腕を揉んでましたが、今時なら胸を揉んじゃうのかな、とか考えてしましまいた。一応、そういうのが苦手な方にも少しは大丈夫なように、腕を揉むってことで自重したのですが(^^;

入江くんは、この後美味しくデザートタイムです(笑)。
ほら、お風呂もついてるお部屋だし。あっちで食べて、ここでも食べて。野獣復活です!!頑張れ琴子ちゃん!!
って、narack様、その発言危険、危険!(笑)
野獣が後で牙を磨いてますよ~!!

>ひろりん様 

>ひろりん様

いえいえ、まだまだ……ふふふ。野獣は牙を研いでるレベルでございます(笑)。
最初のタイトルの時にも見ていただけたのですね。ありがとうございます!アップするにあたってとりあえずタイトルをつけたものの、しっくりこず……一度はつけたものを変えるのは、と迷いながらだったのですが、ひろりん様にそう言っていただけてホッとしました♪

お察しの通り、実はそうなんです~。独特ですよね、あの世界。男の目がないと、女子は雄々しくなります。ええ、色んな意味で……(笑)。ですので、腕を揉み揉みするくらい余裕かなぁ、それくらいならあるよねぇ、なんて思ってしまって。
私も後程、ご連絡させていただきますね!

>ema様 

>ema様


っきゃ~!!
あ、あ、あり、ありがとうございます!!

スマートに襲うって(笑)と頂いたコメに笑わせていただきつつ、さっそくイラストを頂戴させていただきました!っもう、どうしてこんな素敵なイラストがあっという間に描けるのか……魔法の手ですね、本当に♪
後程、頂いたイラストはマシュマロガール内にて展示させていただきます!
本当にありがとうございました(>▽<)

>あけみ様 

>あけみ様

ママが親指を立てて「グッジョブよ!」と言ってる姿を想像していただけると、嬉しいです♪
琴子ちゃんのボディを触りたい……!?
あけみ様、危険!野獣が目をキラリーン☆とさせてますって(笑)!!

実は、私も同じことを考えておりまして……その、裕樹くんがっていうの。もし反応してしまったら、慌ててタオルを腰に巻いたのか、それともへっぴり腰になったのか。
直樹「裕樹、お前何を変な姿勢で………(長い沈黙)」
裕樹「あのっ、これはそのっ(真っ赤)」
直樹「水風呂ならあっちだぞ」
裕樹「……ハイ」
とか、こんな会話をしたりするのかなぁ、なんてことまで想像しておりました(笑)。
ああっ、イリちゃん、息子たちのムスコでこんなに遊んでごめんなさい!!(爆)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ema様 

>ema様

文章で足りない分を、ema様の素敵イラストで補完です!
この入江くんの顔がたまらない……ムハーッ、と変態丸出しです、私(笑)。

うちの拙いお話でema様の萌えを刺激することができたら、とても幸せなことです。
こんなこと言うと図々しいですが、ぶわっと高ぶって絵を描いて…なんてことになったら、是非見せてくださいませ♪
ema様のイラスト、本当に好きなんです(^▽^)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【マシュマロガール-前-】へ
  • 【【イラスト】安産祈願 ema様より】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。