*初恋*

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 Limit 一周年ありがとうございます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

「バカップル」
バカップルライフ

バカップルの裏ページでドッキドキ☆

 
 Limit 一周年ありがとうございます!
バカップルの裏ページでドッキドキ☆

※「バカップルの親、まさかのデビュー」→「バカップルを読んだ女」の続編です。
といってもオマケなので短めですが。オマケならこんなもんか、と見ていただけると幸いです♪






「まあ、届いたわ!」

 沙穂子はメールボックスで燦然と輝いて見える太字に、ぱっと目を輝かせた。
 愛用しているフリーアドレスのメールボックスには『管理人キューピッドN』の文字がある。
 沙穂子はさっそくメールを開いた。
 そこには、裏ページのアドレスと入室の際に必要なパスワードが記されている。

「パスワード……zeturin?ぜつりんって何かしら」

 首を傾げながらも指定されたアドレスで、パスワードを入力する。
 そこはブログタイプの裏ページで、作品毎にたくさんのコメントが寄せられ、なかなか盛況のようだった。
 すでにいくつものタイトルが並んでいるが、沙穂子はその中から、チャレンジコースとなっているところをクリックしてみた。
 もはや、カテゴリ名だけでは内容が読めなかったのだ。
 これだって、一体何にチャレンジするというのだろう。お嬢様で奥手な沙穂子には、もはや未知の領域である。
 マウスを握る手に汗をかきながら、沙穂子は逸る気持ちを抑えてあるタイトルをクリックした。
 そこには……。




「入江くん、ここじゃいやぁっ」
 恥ずかしさに涙を浮かべる琴子を、直樹は冷たいコンクリートの壁に押し付けた。
 誰かに見られてしまう、と訴える琴子の涙が、直樹の嗜虐心をそそる。
 ここは病院の屋上……周囲にこの病院より高い建物はないとはいえ、絶対など存在しない。まして、屋上と言う場所柄、いつ、誰が来てもおかしくないのだ。
 だが、直樹はそんなことは一切気にせず、忙しなく琴子のストッキングを擦り下げると、下着の脇から挿入した。
「あぁっ…」






「そ、そんな……外でなんて、直樹さん!」

 沙穂子にとって、そうした行為はベッドの上で、裸で横になって行うものである、とインプットされている。
 なのに直樹ときたら、野外で着衣で立ったまま。
 沙穂子の中の常識をひっくり返すような衝撃であった。
 何とかその野外プレイ話を読み終え(どうやら、青カンにチャレンジ、ということだったらしい)、沙穂子は次のお話に進むことにした。





 琴子の白い肌に、直樹の深い藍色のネクタイが映える。
 ネクタイは琴子の視界を奪い、自由も奪っていた。
「入江くん……解いて」
「駄目だ。今日はこのまま」
「いや、これじゃ…入江くんが見えないっ」
「……俺のことだけ考えられるようになったら見えるようにしてやる」
 直樹は怒っていた。
 それも、営業に来ていた顔見知りのMRと話をしていた琴子が、自分以外に屈託のない笑顔を見せたのが気に入らなかった、というしょうもない理由で。
 直樹の男としての器の単位は、ミクロンである。
 小さく震える琴子の肌をきつく吸い上げ、直樹は濃い紫色の痕を残した。
「やぁっ……」
「嫌?なんだ、まだお仕置きが足りないのか…」





「ね、ネクタイで縛るなんて!」

 沙穂子は思わず呟いていた。
 ネクタイは男性の身を飾る装飾品であって、決して拘束具ではないはず。なのに、直樹はあっという間にそれを卑猥なアイテムに変えて、琴子を苛んでいた。
 
「……すごい、しつこい…」

 まぁあ、と言いながら、沙穂子は一晩かけて琴子に挑む直樹のお話を読む。
 直樹はどのお話でも、琴子と一晩中行為を続けていた。それこそ、琴子が「許して」と懇願しても泣いても容赦ない。
 限界まで求められた琴子が翌日起き上がれないのもザラで、その姿を見る度に直樹が嬉しそうにしている、という流れも日常なのだとわかった。

(……む、無理だわ。これは私には無理)

 思わず沙穂子はそう思った。
 沙穂子は「常識的」で「紳士的」なお付き合いを好むし、出来れば「正常の範囲内」の夜を過ごしたい。
 少なくとも、翌日をまるまる潰してしまうような過ごし方はしたくないし、何より、自分の行動をそんなことで制限されるのは真っ平ご免である。
 彼ったら私のことが好きで~、という考え方もあるのかもしれないが、沙穂子には昔から理解できない考え方であった。

「琴子さんったら、今度は下着を奪われて外を歩くなんて……なんて破廉恥なことを強要されているのかしら」

 もはや同情を通り越して不憫に思えてくる。
 そうして同時に、紳士的で洗練されていたはずの“直樹”のイメージがガラガラと音を立てて崩れ、一人の女に固執する変態像が確立されていった。
 さらにブログには、もしものお話として、高校生の時から同居していた二人が、その頃に一線を越えていたら?というお話も掲載されていた。
 ということは、高校生の頃からそうなる可能性を秘めていた二人、ということになる。
 自分はそんな二人の間に割って入ろうとしたわけだ。
 勝ち目があるはずがなかった、と今さらながら実感する。もっとも、キューピッドNの言うところの「恋に恋した美穂子」では気付けるはずがないほど、“直樹”のツンデレっぷりは酷かったのだけれど。
 



―――沙穂子はため息をつきながらブラウザを閉じた。
 
「琴子さんでよかったのね、これは…」

 沙穂子の頭の中に、破れ鍋に綴蓋、という言葉が浮かぶ。お似合いなのだろう、結局は。
 直樹の有り余る性欲と独占欲を一身に受けても、それを笑顔で受け入れて耐えられるのは、世界は広いとはいえ琴子しかいないに違いない。
 少なくとも自分は遠慮する、と思う。
 だって、変な衣装は着れないし、そんなものを着ろと言われたら直樹を引っ叩いてしまいそうである。それに、あんなものを口に含めと言われたら、どんなに好きな男でも興ざめで、嫌悪感しか湧いてこない。
 それを受け入れて、直樹が喜ぶようにと健気に頑張る琴子。
 そしてそんな琴子をこよなく愛して、放っておけば一日中でもかまい倒すのではないかと言うような直樹。

(世の中上手くできているものね…)

 沙穂子は、自分の初恋が意外な形で収束を迎えたのを感じたのだった…。



END




ひまわり様とお話しておりまして、ふっと湧いたこのネタ。
キューピッドNの裏ページも、思わぬ形で役立ったようです。私的には沙穂子さんは未だ処女で、男女のそれに関してものすごい理想や夢を抱いていて、こうでなくてはならない、という固いマニュアルを持ってそうだなぁと。
その彼女からすれば、キューピッドNが暴露する(笑)彼の姿は衝撃だったことでしょう…百年の恋も冷めちゃったくらいにね♪

シリアスになっちゃったかな、と思った前作が打って変わってバカップル仕様になったことにホッとしております(笑)。あ、これバカップル版ですよ~。短編カテゴリの沙穂子さんとは別だと思ってくださいね(^^;

関連記事

総もくじ 3kaku_s_L.png 【バカップル】
もくじ   3kaku_s_L.png   バカップルライフ
*Edit ▽CO[27]   

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

ステキなお話ありがとうございます~(≧∇≦)読んでいる間、ニヤニヤとしてしまいました(≧∇≦)沙穂子さんの中の入江クン像が、崩れていくのが、どうやら私は好きみたいです(読んでいて気がつきました)これで、間違いなく偶然にでも出会った時に、沙穂子さんは、憐れみと同情・そして感謝の眼差しを琴子に向けますね。そして、なんで、そんな眼差しを向けられるのか、訳が分からず戸惑うんでしょうね~。琴子は(≧∇≦)でも入江クンは、感づきそうですよね。何故なのかを…壮絶な親子バトル勃発でしょうか。
今回、裏サイトを読まれた沙穂子さんは、エッチに関して、かなり大人になられたのでは?これもある意味、入江クンの調教になるのでしょうか?それとも紀子ママとの共同調教ですかね(*^o^*)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます! 

続編upありがとうございます!
裏ページの内容…キューピッドNの全くの創作なのか、盗撮の描写なのか?後者の色合いが濃いですね!恐るべし!
男女のソレにはウブそうな沙穂子さんが、こんなアダルティーな世界に足を突っ込んじゃって…。しかも直樹さんのすこぶる性欲と独占欲を垣間見ちゃって…、私の中で直樹さんは終わったわぁ~、琴子さんお可哀相に…と思う気持ち、納得です!沙穂子さんの完全ノックアウトに入江ママ大貢献だったと言えますね。

>ちぇるしぃ様 

>ちぇるしぃ様

こちらの沙穂子さんは、さっくりと入江くんへの未練を断ち切れたようです(笑)
こういう癒され方もあるんですねぇ(^m^)

やっぱり、高校時代に~というのはやっぱり興味ありますか!ふむふむ。
って、ぐは…!なんて美味しいネタをさり気なく置いていくのかという話ですよっ(笑)妄想が弾む~!!
攻められる大魔神を見てみたい気もしますが、翌日の琴子ちゃんが哀れなのが間違いないので……そこは自重します。ふふふ。

前回はなんてことなくて、平気で仕事に行っていたので、何故こうも違うのかと……6年前より体が確実に変化してるせいなんでしょうか(--;うえぇ!?と驚くことがありましたら、是非アドバイスお願いいたします(><)

>かくちゃん様 

>かくちゃん様

すごそうですよね、裏ページ(笑)!
色々な面で夢を見てきた彼女は、これで一気に現実を知ったことでしょう…ふふっ。
そして、仰る通り!!入江くんのアレコレは、相手が琴子ちゃんだからなんですよね♪沙穂子さん相手では、むしろ……人形?
この沙穂子さんなら好きになれそうな気がするわ、ということで、何故だか妄想がむくむくと(笑)
その時はまたよろしくお願いいたします(^^)

>ひろりん様 

>ひろりん様

いえいえ、汚れの私が清らかなものに夢を見るから、こうなるのです(笑)。
PWの意味すらわからない沙穂子さん。きっと、ティーンズラブコミックスすら手に取ったことがないのでしょ~。
そして、ひろりん様も高校生の頃に~、のお話ご希望ですか(笑)!
駄目ですよ、突くとすぐ木に登る豚ですから……(^m^)もう考えたくなってきちゃいました!

>babaちゃま様 

>babaちゃま様

トドメ、ぶっすり!です(笑)

この二人の間になんて入れるわけがないんですよね。今頃でもそれを痛感してくれて、ほんと良かった!
沙穂子さんは色んな意味でノーマルな人を探して、そっちの意味でノーマルな日々を送っていただきたいものです(笑)

>まぁに様 

>まぁに様

ついに、その一端を垣間見ることができました♪
まさか盗撮、盗聴はしていないと思いますが……おっしゃる通り、起き上がれなくなった琴子ちゃんの介抱はママのお仕事なので(笑)
あちこちに残されたキスマークやら、ぐしゃぐしゃになった衣類を見れば、何がどうなってたのかくらいわかっちゃうんだと思います。

そして、沙穂子さん!
怖いもの見たさでしょうか(笑)素敵な直樹さんが、すっかり変態な直樹さんになってしまって(^^;
でも、これで新たな恋に迎えそうだから、これもまたよし、ですよね♪

>ひまわり様 

>ひまわり様

美味しいネタ、ありがとうございました!
沙穂子さんの中の入江くん像が崩れていくのが楽しいっていうの、すっごくわかります(笑)
そして、またネタを……いいですね、それ!遭遇させたいですねぇ、彼らと沙穂子さん!!
琴子ちゃんは「???」でしょうけれども、入江くんは半眼で睨みつけてきそうです。なんて楽しそうな!!

まさか第三者まで教え込むとは、さすが調教師入江(親子)ですね(^m^)ププッ
沙穂子さん、これを知識の一つとして次の恋で活かしてくれるといいな~、なんて♪

>あやみくママ様 

>あやみくママ様

むしろドンピシャ☆
パパとのHがそんな……えええ、見かけによらず実は激しいってことですか(笑)!怖いような、納得なような!?息子だから性癖がわかるというのに加え、起き上がれない琴子ちゃんの介抱から察しているのが大きいと思います(笑)

そして、入江くんが変身しちゃうのは琴子ちゃんだから!これには大賛成です♪
沙穂子さん相手じゃ人形ですよね。18以上の確認ですからねぇ……小学生、中学生の頃の思い出を語ればクリアだと思います。私だと、最初にはまったアイドルが某ローラースケートを使った男子グループだった、とかですかね(笑)。

>REE様 

>REE様

とんでもない裏ページがどんな場所なのか……ママ、さすがですよね(笑)
変態な入江くんが絶好調すぎて、なんかもー、琴子ちゃんは絶対に見られません。見たら恥ずかしくて倒れちゃう!
---------------------------------
コメントありがとうございます。
家族は何も知らないの。これはあなたと私のひ・み・つ♪まあ、いずれ会社の部下や、お客さんからそれぞれ耳にするんでしょうけど、その時にはねぇ?私もやめる気はないし、ライフワークだし。
それにしても、直樹ったらしれっとした顔で琴子ちゃんを苛めて。あんなに可愛いのに…いえ、可愛いからこそかしら。あんなドS、私ならゴメンね。でもそのドSとお嫁さんのお話は人気だから、またアップするわ!読みたいシチュがあったら是非教えてちょうだいね。ほほほ。
-------------------------------------------------------
以上、キューピッドNからの返信でした(笑)。
いいなぁ、ダイエット!私もダイエットしたい~~!!…って、これから肥えるばかりなのですが(涙)

>narack様 

>narack様

はい、とうとう見ちゃいました。知っちゃいました!
沙穂子さんの前では別人でしたからね。まるでお人形のように綺麗で完璧な男だったのに、その実、あんな変態で……。
皆様おっしゃる通り、入江くんがそうなっちゃうのは琴子ちゃんだから。他の人じゃ、ああはならないんですよね。それが入江くんのスゴイところ(笑)
沙穂子さんも、これで新たな恋に向かって行けそうです。
是非、普通の人と色んな意味で普通の(笑)生活(性活)を送っていただきたい☆
実はこれ、あと1作続きます……というか、続けたい。た、楽しんでいただけるかなぁ……ドキドキ(汗)。

>るんるん様 

>るんるん様

沙穂子さんが知ってるのは「紳士的」で「スマート」な「大人の男性」である直樹さん。ところが実際は「変態的」で「粘着質」な「ドS男」の直樹さん。
そりゃびっくりですよね(笑)

琴子ちゃん以外ではそうはならないのは間違いないのですが、そうと知らずに「私は無理!」と思う幸せな沙穂子さんなのでした。入江くんは、琴子ちゃん限定の変態さんなのに(^m^)フフッ

>あけみ様 

>あけみ様

盗撮、盗聴……ふふふ、そんなことをしなくても、動けなくなった琴子ちゃんの介抱で情報は得られるのですよ(笑)♪
こんな感じで----------------
紀子「あらあら、琴子ちゃん……大丈夫?」
琴子「は、はい…(入江くんのバカ!なんでまたお義母さんに頼んでいくのよっ)」
紀子「どの服なら(キスマーク)隠れるかしらね」
琴子「ハイネックと……長袖なら」
紀子「冬で良かったわね、琴子ちゃん。あらいやだ、スカートにするならタイツでないと」
琴子「えっ」
紀子「色が白いからすぐわかっちゃうわねぇ。シーツも、これはもう駄目かしら。よかったわ、この間新しいシーツが届いたのよ」
琴子「……し、シーツ…(真っ赤)」
紀子「あとこれ、新しいの(そう言ってBOXティッシュを渡す)」
琴子「い、いつもすいません……」
紀子「いいのよ、大事なことだもの!お兄ちゃんのことだから、どうせ琴子ちゃんがお願いしたって、無視して襲い掛かったんでしょう。でなかったら、立てなくなることないはずだもの」
------------------------------------------------
な、なんという羞恥プレイ!!
こんな日々を過ごすママですから、裏ページなんてお茶の子さいさいなのです(笑)
沙穂子さんも、これで次の恋に向かえます。ぜひ普通の人と普通の性活を送ってほしいもんです(^m^)
そして、このママ大活躍……あと1作、お付き合いくださいませ♪

>紀子ママ様 

>紀子ママ様

情報は家の中にゴロゴロしてますから♪
そして、息子のことなので、男としての器が驚くほど小さいことなどお見通しなのです(笑)普段言えないだけに、もしかしたらそこで鬱憤を晴らしているのかも!?
そして、沙穂子さんがお気楽な誤解をしていること、やっぱりツッコミたくなりますよね(笑)
琴子ちゃんだけに反応するんだよ!と。
いや、本当に……琴子ちゃんは偉大です。あんな入江くんを受け入れているんですもの♪可愛くて健気で……入江くん、大事に可愛がってあげてほしいもんです(^^;
私もあんなタイプが旦那だったら、逃げ出しますね(笑)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>chan-BB様 

>chan-BB様

お嬢様に対する私の勝手なイメージをフル活用し(笑)沙穂子さん、えらくピュアなお嬢さんとなりました~。
それに対し、本当にバカップルたちの遠慮と容赦のないこと!

>どうです?この琴子ちゃん相手に目を覚ました直樹さんの活き活きとした様子は?(笑)

開いた口が塞がらなかったようですよ(笑)ww
まぁあああ~~~、と言いっぱなし!
こういう嘘のような「初恋」の終わりもありかな、なんて思います(^m^)よかった、よかった!

そして、こちらこそ貴重なご意見ありがとうございました♪自分がついつい面倒で省略した画面だったのですが、確かにそういう面もあるよねって気づかせていただけました(^^)あって困るものでもないですし、これで行こうと思います!

>ぴろりお様 

>ぴろりお様

ありがとうございます!!
私も前回から6年も空いたもんですから、はて今はどういう時期だっけ?という感じで…(^^;でも、皆様がアドバイスくださるので、色々思い出したり、そうだったのか!と今になって新たな知識を得たりと、楽しんで過ごさせていただいております(^^)

変態直樹の現実!こんなの読んだら、そりゃあ百年の恋も冷めますよね(^m^)
琴子じゃないとそうならない、というのは色んな方からお声を頂戴しまして、そうなんだよねっ!と大きく頷きまくっております♪
続きは一応ラストのつもりなのですが……まだあるの?という感じで食傷気味だったら申し訳ないな、と思って(汗)楽しみにしてる、というぴろりお様の言葉を支えに、アップしたいと思います(^^)
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【Limit】へ
  • 【一周年ありがとうございます!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。