*初恋*

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 入江直樹を知り隊-1- 入江直樹を知り隊-3-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

「長編」
入江直樹を知り隊

入江直樹を知り隊-2-

 
 入江直樹を知り隊-1- 入江直樹を知り隊-3-
入江直樹を知り隊-2-

※引き続き下ネタ万歳。
苦手な人はリターンぷりーずっっ!!
(厳しい残暑で脳内に虫が発生してるみたいです~・^^;)





 前回の質問タイムから数日後、あたしは再び食堂で質問の嵐に晒されることになっていた。
 でも、最初はそんなの知らない。
 今日のメニューはうどん♪とご機嫌だった。
 ここのかき揚げ、けっこう美味しいのよね―――と、ちゅるちゅるとうどんを食べていたあたしは、一足先に食べ終えたモトちゃんの質問にぶほっと咽た。

「普通のじゃ破れるってさ、やっぱり入江先生は大きいってことよね」

 な、なんでそこに話が戻ってきちゃうの!?
 あたしは真っ赤になって、あうあうと呻いた。
 あれから日を置いていたし、すっかり油断していたのだ。

「そうね、普通のじゃ駄目ってことですもんね」
「……」

 あたしはもう、何も言えない。
 挙句、そうでしょ琴子さん?なんて智子に覗き込まれても、首を動かすこともできなかった。
 だって、わかんないんだもん。この前も言ったけど。
 
「知らないよ」
「奥さんのあんたが知らないわけないじゃい」

 はんっとモトちゃんが笑う。
 そう言われればそうなんだけどぉ……うーん。冷静になれって自分に言い聞かせてみても、やっぱりわからないものはわからない。
 だって。
 
「ねぇ、破れるって何が破れるの?」

 そう、あたしはそこから理解してないのよ。 
 だからすごく当然の質問を口にしたんだけど、モトちゃんと智子、啓太がぴしっと固まった。それから、なんかすっご~く可哀想な子を見るような目であたしを見てきた。
 ば、馬鹿にされてる…!
 今日は真里奈と船津くんはいないんだけど、あの二人がいたら、もっとバカにされた気がしてしまう。
 モトちゃんと智子、啓太はあたしから僅かに距離を取ると、こそこそと話し出した。
 そして、モトちゃんがごくっと喉を鳴らして、あたしを見つめる。

「ねぇ、まさかとは思うけど……あんた達、避妊ってしてるの?」
「ひにん?」

 あたしがよく入江くんお代官様に怒られて「違いますっ」って否認する―――の否認じゃないよね。
 えっと、この流れで行くとそれは。
 ――――避妊。
 ほどなくして答えに辿りついて、あたしはボンッと赤くなった。

「な、な、なっ」

 あたしのその反応を見たモトちゃんが、あらま、と呟く。

「してないっぽいわね」
「わからないわ。琴子さん鈍いから、入江先生が用意したのに気付いてない可能性もあるもの」

 智子、何気に酷いこと言ってる……。
 
「してるとしても、あれを使ってるかはわかんねーだろ」
「ああ、外出しってこと?」
「それじゃ避妊にはならないわ」

 いやいやいや!!
 モトちゃん、智子、啓太!!
 あんた達、真昼間の健全な職場の食堂で、なんてこと話してるのっっ!
 あたしはもはやうどんを食べる気になれず、唖然と三人を見ていた。
 
「で、どうなの?」
「何が…?」

 避妊とか外出しの話ですか……あたし、それに答えなきゃいけないの?
 あたしは今日も今日とて、食堂のテーブルに突っ伏した。

「だから、避妊。どれが正解なのよ」

 モトちゃんがすっごい真剣な顔でそう聞いてきた。
 他に話すことないのかなぁ。そうだ、今度のお休みに美味しいところにランチでも……って、誤魔化されてくれる目じゃないのね…とほほ。
 あたしは仕方なく、入江くんとのコトを思い出してみた。
 って言っても、数日前のことだから頑張って思い出さなくてもすぐ浮かんだんだけど。




                                     ◇◇◇



「むり……お願い、イキたい…イかせて……?」
「駄目。もう少しお前のナカに居たいんだ」

 そう言って、あたしが達しそうになると動きを止めた入江くん。
 奥の奥まで貫かれて、あたしはもう息も絶え絶え。
 イキたいと体も望んでいるからあたしの中は意識しなくても入江くんを絶頂へと誘っていて、入江くんのものを締め付けていた。そのせいか、あたしの中でずくりと入江くんが質量を増す。
 みっちり埋め込まれたそれが、ぐりゅっと最奥を擦りあげて……気付いた時には朝でした。



                                     ◇◇◇



「……わかんない」

 っていうか、覚えてないの。
 そう言うと、啓太がひくっと顔を引き攣らせた。ありえねぇ、とか呟いている。
 そうよね、相手が気絶するまで攻め立てるなんて、ホント酷いよね。
 でも、智子は違うらしい。あら、と言うと軽やかに笑った。

「入江先生は真性のドSですもの。琴子さんが気絶するまでなんて常識だと思うわ」

 …それもどーかなー……ははは…。なんかもう、笑うしかないわ。
 みんなの中の入江くん像ってどうなってるんだろう(汗)。
 モトちゃんが綺麗な指を唇にあてて、婀娜っぽく小首を傾げた。

「だとすると、避妊とかせずに中出しかしら?」
「そうね、妥当ね」

 妥当って、智子……。
 啓太まで腕を組み、いつの間にかこの会話に違和感なく参加してる。
 ついていけてないの、あたしだけなの!?

「でも、あれだけ琴子に盛ってて、それで中出ししまくってて子供ができないって変だろ」

 自分のことを言われてるのはわかってるよ。
 わかってるんだけど、どこか遠い世界の別の誰かの話を聞いているようで、あたしは途中から首を傾げっぱなしだ。
 あたし、この人たちより年上なんだけどな。
 なんだか、あたしの方がお子ちゃまみたい。
 
「ほらあれよ、オギノ式!」
「ああ、危険日とか安全日とか?」

 モトちゃんの声に、智子がなるほど、と頷いた。待ったをかけたのは啓太だ。

「入江がそんなこと気にするか?」
「あら、天才ですもの。琴子さんの生理周期を把握して計算するなんてちょろいもんだと思うわ」
「まあ、天才だからなぁ…」

 いやいや、天才ってそんな、なんでもできる免罪符じゃないでしょ!?
 あたしはついにうどんの丼を机の奥へ押しやり、真っ赤になったまま頭を抱えた。
 もーやだ、この人たちの口を誰か封じてよ~~!

「じゃあ、普段は使わずにいるってことか?」

 啓太が感心したようにそう言った。
 感心するところ、間違えてると思う…。
 啓太の言葉に水を得たのか、智子が天使のような笑みを浮かべていた。

「じゃあ、普段は中出しで危険日だけ外出しってことね」

 な、中……中って、中って!
 あたしは入江くんとの行為を思い出して、思わず頭を掻きむしった。
 
『ほら、しっかり受け止めろよ…』

 腰に直撃する入江くんのセクシーボイス。お腹の中にじゅわって広がるあの感覚――って、ダメダメ!!
 ここは職場、聖なる場所!!
 …ふえーん、なのに皆が変な話止めてくれないよ~~。
 もう、ここはずばっと答えを言って終わりにしてもらわなくっちゃ!
 だって、周囲の視線が痛いんだもん。そうでなくても入江くんは未だに大人気で、入江くんの名前が出ただけでも注目を浴びるっていうのに。
 だからあたしは、ここは毅然と言わねばと思った。
 頑張れあたし!
 あたしは顔を上げると、はっきりと答えを告げ―――。
 
「ゴム使ってるわよ!!」

 あたしの宣言だけが、静かな食堂に響く。
 え……なんでこの瞬間だけシーンってなってるのぉ!?
 直後、どっと食堂が沸いた。
 駄目、もうあたし恥ずかしくて死ぬ……羞恥心で死ぬなら、もうあたしはとっくに天国に行ってる。
 しかも、あたしがすごい勇気を出して言ったと言うのに、モトちゃん、智子、啓太は鼻で笑ってくれた。

「破けるのに使ってるわけないじゃない」
「琴子、お前相変わらず嘘つくのが下手だな」

 う、嘘じゃないもん!
 そりゃ、ちゃんと確認したわけじゃないけど……。

「だって、普通のじゃ破けちゃうんでしょう?入江先生、大きいんでしょう?」

 だから、そこに戻らないで~!
 あたしは再びテーブルに撃沈し、頭上で繰り広げられるあけすけな桃色話に涙するのでした…。








今さらですが、最後までこのネタで突っ走りマスよ(笑)?


関連記事

総もくじ 3kaku_s_L.png 【長編】
もくじ   3kaku_s_L.png   入江直樹を知り隊
*Edit ▽CO[19]   

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは! 

第2弾upありがとうございます!
琴子の「ゴム使ってるわよ!!」は嘘バレバレだと思います(笑)これでこの場を乗り切れると確信してた琴子の浅はかさが笑えますねぇ。
入江クンは、やはりゴムなしで、オギノ式を忠実に実行しているのでは?と私も思いますねぇ。多分、琴子の人生で大事な時期は(看護科に転科する時期とか、国家試験の時期とかetc.)気を遣ってたと思いますが、この時期はどうでしょう?気の向くまま思いのままかも…です(笑)

何の投票なんだか?!笑 

きゃ~、お疲れ様ですぅ、ぅ、う、笑
笑いながらですみません笑。更新ありがとうございます。
こんな太作じゃ、さぞやお疲れでしょう・・・ふふふ。
私も「琴子さんの生理周期の計算ぐらいチョロいもんでしょ?」発言に一票です笑。アレは使ってないでしょう?もし、使ってれば、年間購入予約、いやいや、週間購入予約しないと足りなさそうですから笑。
「ドSな入江先生なら気絶するまでは当然!!」って、しれっと言ってのける智子、あなたも、大概です!笑 これは、入江くんとは完全に話が合うくちですね!ってか、二人の話を聞いてたら、琴子は本当に、羞恥心で死んじゃうかも?ですね笑 また真打ち入江くんの登場で問題(何の?笑)怪傑となるのでしょうか??琴子さんよ、命がおしけりゃ、入江爆弾が投入される前にお逃げなさい!!かき揚げうどんを美味しそうに食べてる場合じゃない!
最期まで最後まで、しっかりついて行きますよ~、miyaco 様~!笑

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>まぁに様 

>まぁに様

突っ走り許可が!ありがとうございます(笑)!
私の勝手なイメージですが、こういうお仕事してるとその辺りもサラッと語れそうだなぁと思いまして…にしても、智子はすごい暴走してますが(^^;
啓太も半ば講義モードなので、平然と参加中です。ある意味まともなのは琴子ちゃんだけ!?

入江くんは要所で出てきて爆弾となるので、要注意です(笑)
明日も台風で家に引きこもりますので、上手くしたら更新できるかも~と思っております。次もまぁに様がリビングで悶えてくださるといいなぁ♪

>あやみく様 

>あやみく様

おっ、年が近い予感♪というのは置いておいて。
その言い方しましたねぇ。全国の近藤さんに謝れ!という感じですが(笑)
段ボールも1箱で足りるかわからない入江さん家。通販会社もびっくりです。しかもサイズがサイズだし。変な撮影してるところかと思われてそうですよね。

ちなみに、ゴムが破れる理由を考えてみたのですが……両方で!!両方でお願いします(^m^)ププッ

>narack様 

>narack様

この時期は振替が多くて幸せですよね♪子供は、ですが(笑)

読めば読むほど……ありがとうございます!褒め言葉です、それ♪
なんせ智子がはっちゃけてくれて、ま~サラッとすごいこと言うこと、言うこと。琴子ちゃんは机に突っ伏したまま起き上がることもできません(笑)
破れちゃうんですって、マグナムだから!
GACKTのプラボ、見まくってます~♪うた○んの投稿とかはtubeさんでチェックして、以前仰っていた「ヘビみたいな」えっちの話も聞けました(^m^)
まさに入江くん…!彼もさらっと言いそうですよね「えっちは好きですよ」とか。「いけませんか?」とか。
目に浮かぶようです(笑)

このネタで5話も突き進んでいいんだろうか?と思いつつ、ここで突き進まねば女が廃る!(…何故)とか思ってしまったのでした。ぜひぜひお付き合いくださいませ(^^)

>杏子-anko-様 

>杏子-anko-様

ここの食堂、かなり楽しそうですよね!
私も聞き耳を立ててみたいです(笑)
智子ちゃんはある意味真里奈よりも動かしやすくて、可愛いし、好きなキャラの一人です(^^)
彼女はこの後も良い働きを見せてくれますので、お楽しみに♪
(この前に投稿されたものは対応いたしました。思いがけないことってありますよね。猫ちゃん、杏子様が大好きなんだな~と微笑ましく感じました^^)

>ちぃ様 

>ちぃ様

いや、なんせネタがネタですので、みんな気になっていたんだと思います。人の噂も75日と言われますが、その通りだとするなら、75日はこの噂がついてまわるわけで(笑)
このネタがウェルカムとの心強いお言葉をいただけたので、最後まで突っ走ろうと思います。
ありがとうございました♪

>あけみ様 

>あけみ様

そう、バレバレですよね。咄嗟についたにせよ、下手すぎです。
でも、嘘をつけない琴子ちゃんと思うと可愛くないですか?(笑)

私もオギノ式を取ってると思うんですよねぇ。気の向くまま、想いのまま……やりたい放題。
赤ちゃんのオモチャじゃあるまいし(ありますよね、イタズラ放題、みたいな売り文句のやつ)とも思うのですが、それより性質悪く挑んでいる気がしなくもありません(笑)
どっちにせよ、琴子ちゃんガンバレ~!

>REE様 

>REE様

あはは、笑いながらだったのですね!う、う、とあったので「どうした、REE様!?」と思ってました(笑)

今回、要所でとんでもないことを言い残す入江くんはもちろん、智子が腹黒く活躍しております。この後も、彼女はとんでもないことを提案してくれるんですよ~。ほんと、あなたも大概!と言いたいくらい。
腹黒さで密かな協定が結べるのは、実はモトちゃんに次いで智子が上がるかもしれません。

実は毎回琴子ちゃんが食べるものを考えるのが楽しいのですが、可愛らしいパスタではなく、お腹にずっしり溜まる系が多いのはどういうことか(笑)
最後までついてきてくださるというREE様のためにも、琴子ちゃんに頑張ってもらいます!

>むさぴょん様 

>むさぴょん様

朝から濃ゆくないですか(笑)?
でも夜に衝撃を受けるよりはいいでしょうか…(^m^)
嬉しいお言葉ありがとうございます♪ぶれてる、とか言われないよう、これからもがんばりますね!

智子ちゃん、笑顔で毒を吐いてくれますよね。そういうイメージがあるせいか、今回も何気に活躍しております。真面目に色っぽく……そうはいかせないよ!ばかりの話の流れ。琴子ちゃん、無事にこの桃色地獄から抜け出せるのでしょうか!?

>ちぇるしぃ様 

>ちぇるしぃ様

そうなんですよ~(笑)避妊って言葉知ってる?って感じですよね。
リアルでは重要なそれも、二次で結婚してる彼らにはそれほど重要視されていないようです。
マグナムにバルーンアート!(爆笑)!!あはははは…!く、くるしい…息がっっ!あはは(笑)!
想像しちゃったじゃないですか~!

確かに彼なら作れちゃいそうです。人造人間ですら作れそうなイメージですもんね。
素材にこだわり、使い心地にこだわり……パンダイが大人のイヤンなおもちゃの会社になってしまう~。イリちゃんゴメン!!入江くんに代わって謝らせていただきますっ(笑)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>匿名様 

>匿名様

…となってますが、吉キチ様ですよね♪(一応、表示通り匿名様で書かせていただきますね)

メンズ達とあって、思わず某巨乳姉妹のお姉さまお抱えの「メンズ」を思い浮かべてしまいました(笑)
いやいや、違いますね。すいません!
ああもう、投稿制限さえなければ、エロ吉様登場の××××がたくさん書きだされるコメントを拝見したいです!多分、私の脳内をすんごい刺激してくださる、素敵ワードがいっぱいな予感がするのです♪

本人がいなくてもムスコさんは話題の的。天然な琴子ちゃんは、ぽろぽろと喋ってしまって……後でお仕置きコースですよね、これ(笑)
きっとこの話はあっという間に広まって、しばらくイリコトは好奇の眼差しで見つめられると思います。ふふふっ。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【入江直樹を知り隊-1-】へ
  • 【入江直樹を知り隊-3-】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。