*初恋*

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 一回分の…? バカップルの家に響くゴング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

「バカップル」
バカップルライフ

バカップルはKB

 
 一回分の…? バカップルの家に響くゴング
バカップルはKB







 その日、直樹はいつも通り仕事をしていた。
 こなすべき仕事は山のようにあって、僅かな休憩時間に琴子を見て疲れを癒す。もっとも、その癒しについて本人に言ったことはないのだが。
 相変わらず琴子はそそっかしく落ち着かないが、それでも最近は時間通りに仕事をこなして、休憩は休憩として取ることができるようになるまで成長していた。
 そんな彼女の頑張りを見るのも、直樹の密かな癒しである。
 上手くすれば琴子が気付いて寄ってきてくれるので、直樹はいつもの通り、澄ました顔でいればいい。
 そうして上手いこと琴子を物陰に引きずり込んで、そっとキスをするのが好きだった。
 もちろん、これも言わないが。

(とりあえず、あとはデータを整理して論文の下準備をちょっとして。それで帰れるかな)

 直樹はトン、とカルテの入ったファイルで肩を叩くと、颯爽と医局へと戻って行く。
 その姿を見つめる看護師や病院事務の女性が、うっとりとしていた。

「ああ…やっぱり素敵ね、入江先生」
「でもKBなのよね。惜しいわ」
「ほんと~」

 無視していても、話は聞いているのが直樹である。西垣には「お前は聖徳太子か」と言われているくらいだ。
 自分へのどうでもいい興味はともかく、途中で聞こえてきた「KB」という言葉が気になった。
 KYなら、(K)空気(Y)読めない―――で、ある意味常識である。
 しかし、KB。一体なんだろうか?天才と言われる直樹でもわからない。だが、戻って問い質すのもおかしな話である。
 直樹は釈然としないものを感じつつ、そのまま医局へと足を進めた。







 医局へ戻ろうと思っていた直樹だが、その前に、と第三外科のナースステーションに寄る。
 直樹に気付いた智子が「あら、入江先生」と微笑んだ。実は、何気に自分と対等にやりあえるほど腹黒いだろ?と直樹が一目置いているのが、智子である。
 直樹は「失礼」と軽く会釈した。

「琴子いるかな。いなかったら、伝言を頼みたいんだけど」
「琴子さんは、さっきナースコールが鳴って行ったばかりだから…伝言、承りますよ」

 きっと戻ってきたら、頬を膨らませて悔しがるだろう。そんな顔を想像しつつ、直樹は「じゃあ」と頼むことにした。

「今日は遅くなりそうだから、夕飯はいらないって伝えておいてくれ」
「わかりました」

 智子や桔梗、真里奈などの琴子の看護科の同期達は、直樹の琴子への愛情をこれでもかというほど見てきたので、余計な気遣いがいらない。
 それは良い意味であり、直樹もこの時は割と穏やかだった。
 踵を返して再び医局へ向かう直樹の耳に、智子の呟きが聞こえてくるまでは。

「入江先生って、本当にKBなんだから…」

 またしたも聞こえてきた、KB。
 直樹は足を止めて振り返るものの、智子は丁度鳴ったナースコールの応対に出ており、それ以上聞くことはできなかった。
 仕方なく、直樹は僅かに眉を顰めて医局へ戻るはめになった。






 医局では、西垣がパソコンの前で真剣な顔をしていた。
 彼が真剣な顔をするときは限られている。第一は本職である仕事のため、第二は合コンなど女絡み、第三が直樹と琴子をおちょくる時、である。
 パソコンだから仕事だろう、と思うのは甘い。なにせ過去、そのパソコンを使ってくだらない質問を50も用意した前歴があるのだ。油断はできない。
 直樹はちらっとパソコンの画面を盗み見見た。

(…仕事か)

 どうやら真面目に過ごしていたようだ。
 医局には西垣の他にも医師がおり、無言で入ってきた直樹に彼らはひょいっと手を上げて挨拶をしてくれた。
 が、西垣はどうやら気付いていないようだ。
 近くにあったマグカップに口をつけながら、直樹のすぐ横に立っていた若手医師に声をかける。

「そういや、KBはまだ帰ってこないのか?」

 またか、と直樹は思った。が、相手が西垣なら容赦する必要がない。
 直樹は黙って言葉の続きを待った。直樹の隣の若手医師が、直樹を見て顔を強張らせている――西垣は気づいていないようだが。

「ったく、ホントあいつはKBだよなぁ。そりゃ琴子ちゃんは可愛いけどさ。聞いてる?」
「え、ええ…」

 直樹から滲み出る黒いオーラに怯えたのか、話を振られた若手医師が冷や汗をかいている。
 そして直樹は、どうやら「KB」という単語には琴子が絡んでいるらしい、ということを知って「へぇ」と小さく呟いた。

「だからって、ああもKBにならなくたっていいよな」

 ここまで来ると、直樹にはうっすらと……8割、意味が見えてくる。
 しかし確かにそうなのか確かめなくてはなるまい。直樹はすっと目を細めた。

「――へぇ、俺がKBなんですか。で?KBってなんです?」
「げっ、入江!?」

 がたんっ、と西垣が立ちあがった。
 もちろん逃げ場があるはずもなく、西垣はあっという間に直樹に追い詰められる。

「どうやら俺以外みんな知ってるみたいなんですよね。その、KBっていうの」
「そ、そりゃそうだろ。誰でも知ってることだから」
「へぇ?それを俺が知らないってなんだか悔しいですね。そういえば、西垣先生は俺の悔しがる顔が見たいんでしたっけ?ほら、こういう顔ですよ」

 いや、ちっとも悔しそうに見えないぞ、と居合わせた誰もが思った。
 むしろ口は笑みを浮かべているのに目は真剣、という怖いことになっている。西垣は後輩医師に追い詰められて情けなく言葉を噛んでいたが、ややって開き直ったのか、ふんっと胸を張った。

「KBのKは琴子ちゃんのKだよ」
「…へぇ?じゃ、Bは?」

 わかってるくせに、西垣に言わせるつもりらしい。
 なりゆきを見守っていた周囲の人々は、ごくっと息を呑んだ。鬼気迫ることの多い職場ではあるが、この緊張感はまた違うものがある。

「……馬鹿のB」

 琴子バカ―――KB。
 直樹はぴしっと額に血管を浮かべた。自分としてはそこまで琴子にかまっているつもりはないので、余計である。
 確かに一見すると直樹の態度は冷たく、入江くん入江くん、と琴子がストレートに愛情表現をするので不憫になるほどではあるのだが、よくよく見れば直樹も十分甘かった。
 もっとも、それに気づくには一度直樹に睨まれるか、周囲への牽制のためのデレ部分を見ないといけないのだが。
 西垣は死を覚悟した。
 …というのは大袈裟だが、そのくらいの迫力が直樹にはある。
 だがしかし、神はこの無謀な先輩医師を見捨ててはいなかったらしい。

「すいませーん、入江先生いらっしゃいます?」

 可愛らしい声がして、琴子がひょこっと顔を出した。
 緊迫感に包まれていた医局に花が咲いたようだ。こんなことがなければ、直樹も一瞬くらい顔を緩めたのかもしれないが……残念なことに、今はそれすら難しい。
 思わずじろっと琴子を見ると、琴子は驚いたようだった。
 当然だ。今日はまだ何もしでかしていない上に、用事の「よ」の字も告げていないのだから。
 琴子は医局に漂う異様な空気に首を傾げつつ、直樹を見つけるとにこっと笑った。

「入江先生、平松教授がお呼びです。手が空いていたら来てくれって」
「…わかった」

 琴子が入江「先生」と言う時は、完全な仕事モードである。
 直樹は静かに頷くと、最後に命拾いをした西垣を見た。くるりんとカールしまくった天パーが、今日は妙に憎らしい。
 西垣は救いの天使となってくれた琴子にヘラリと笑いかけた。

「琴子ちゃ~ん」
「西垣先生、こんなところでさぼって!西垣先生のことは、看護師長がお呼びです!」

 腰に手を当てて怒って見せても、琴子では怖いわけがない。
 相変わらずしまりの悪い顔を見せると、西垣は琴子の手を握って上下にぶんぶん振った。

「君は僕の天使、救いの神だよ!君はきっと馬小屋で生まれたに違いない!」
「はぁ?何わけのわかんないこと……看護師長、かなりお怒りでしたよ。何をしたか知りませんけど、急がないと…」
「琴子ちゅわ~~~~ん」

 全く話を聞いていない西垣が、琴子に抱きつこうと両手を広げ――――。


 ゲシッッ!!


 直樹に背中を蹴飛ばされた。
 ずごん!!と鈍い音を立てて倒れる西垣の屍を乗り越え、直樹が医局を出ていく。
 琴子はすでに倒れた西垣に興味はなく、スタスタと去っていく直樹を追いかけて行ってしまった。
 残されたのは、背中に靴の後をつけた西垣である。

「だ、大丈夫ですか…?」

 後輩医師が気を遣って西垣を覗きこむ。

「ふっ、ふふふ……あのツンデレKBめ……」

 無様にも鼻血を垂れ流した西垣は、そう言いながらふふふ、ふふふと笑っていた。
 さすがに気持ち悪くて、後輩医師達も顔を引き攣らせた。


 KB―――琴子バカ。
 いう間でもなく、発案者は西垣である、ということは最後に記しておこう……。



END



毎度のオチ役ありがとう、ガッキー!


薬を使わずに風邪を治す方法、オススメがあったら教えてください……はうぅ。

関連記事

総もくじ 3kaku_s_L.png 【バカップル】
もくじ   3kaku_s_L.png   バカップルライフ
*Edit ▽CO[20]   

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なぜ直樹だけが?(笑) 

こちらも更新有難うございます。御風邪大丈夫ですか?
KBは何の略かなあと考えながら、直樹と一緒になって推理するのが楽しかったです。うふ、なるほど~。
でもどうして直樹以外は全員知ってて直樹だけが知らない?これはもしかして、例のガッキーの内緒ブログとか院内の秘密ルートとか?そっちも凄く興味が湧いてしまって、妄想膨らみます~♪
琴子ちゃんも直樹のKBのこと知ったらきっと凄く喜びますよね。
師走の慌ただしい中で、ちょっと肩の力を抜けるお話しに感謝です。お大事にしてくださいね。有難うございました。

「NB」の妻はいつ現れる?笑 

あら~んv-389入江くんたら、じ~っとv-416見つめて、物陰に引きずり込んでって・・・もう、痴漢じゃないんだから・・・v-258まで我慢v-345しようよ~笑。v-222無理ね・・・判ってますv-363
タメはれるほどの「腹黒v-403」と、入江くんに一目置かれる智子ちゃん・・・爆笑。
ていうか、入江くん、誰かに、「余計な気遣い」してたっけv-361寧ろ、気遣って、「v-439見せびらかしv-23」は慎むべきじゃないv-361v-363笑 それにしても、入江くんの聖徳太子なみのv-418は、何キロ先まで聞こえるのか・・・笑
やっぱり、「KB」発案者は、ガッキーか・・・また、「悔しい顔」も見られず、また裏目・・・死まで覚悟って・・・爆笑。
入江くんとガッキーの居る所に笑いありv-361v-363
まあ、長い脚で、もう脹脛どころか、背中に蹴り!しかも、屍越えて、いつか傷害沙汰になるんじゃなかろうか・・・苦笑
流血しようとも、v-219ガッキーが蹴られて、踏まれたいから(爆笑)訴えないのかv-363・・・爆笑。
面白いお話で笑わせて頂いたので、体がv-48v-363ストーブ要らずv-363笑 ありがとうございましたv-424
風邪は大丈夫ですかv-362風邪は、ゆっくりv-75が一番だと思いますが、小さいv-282お子様が居たら、そんなわけに行かないと思いますが・・・ご無理なさらない様に、しょうが湯飲んで、暖かくして、「眠い時は寝るv-364」これが一番効きますよv-219お大事に。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>かくちゃん様 

>かくちゃん様

西垣先生にとって、入江くんをおちょくるのは最高の休憩なんだろうなと思います(笑)。
手が空いたらぼんやりと「あのツンデレめ」とか思ってるのかな?とか想像すると、楽しくって♪

言われてみたら、確かに高校の時からな~んにも変わってませんね。ぷぷっ!
琴子ちゃんだけ特別なのは、今も昔も一緒ですもんね(^^)
ツンデレKB、ぜひぜひよろしくお願いいたします!

>ひまわり様 

>ひまわり様

もうすぐ冬休みだ~って思ったら、気が抜けてしまったのかもしれません(^^;お気遣いありがとうございます!
気力は必須ですよね。確かに私が倒れたら、子供も旦那もどうするんだ?って思うことばかりです。ひまわり様の気力は最強ですね!39.8度って、ほぼ40度じゃないですか!!す、すごすぎる……。これは自慢していいと思います~!なかなか真似できませんって!

読む前からKBがバレるとは、ひまわり様もなかなか鋭い♪そちらもさすがです(^^)

>ちぃ様 

>ちぃ様

イタキス好きなら、琴子ちゃんを愛さずにはいられませんもんね!確かに私もKBかも(笑)。
あの天才、入江直樹すら骨抜きにしちゃうんですもん。琴子ちゃんは最強かと思います(^^)

バカップルの入江くん…ですか。素直じゃねーなぁ、とか思われてるのかな。想像すると楽しいですね♪

>hitomi様 

>hitomi様

おお!こんばんは~!お忙しい中ありがとうございます♪嬉しいです!

確かに「(2人が出す)空気がバカップル」でもありますね(笑)!誰もが砂を吐くんだろうな…ぷぷっ!
奥さんへの伝言が、よりによって夕飯の有無ですからね。んなのメールでもしとけよ!と言いたくなりますよねぇ(笑)でも入江くんはきっと無意識でやってるはず、と思っております(^m^)フフッ
馬小屋説への清き一票、ありがとうございました♪

>ちぇるしぃ様 

>ちぇるしぃ様

風邪ですー…(泣)もうすぐ子供の幼稚園も終わると思ったら気が抜けたみたいで、一気にやられました(><)
お勧めの生姜湯、飲んでみました!実は初体験(イヤン☆)。お風呂上りもいつもより長い時間ぽかぽかで、ほっこりでした。今ではすっかりお気に入りです♪ありがとうございました!

KB…かば(笑)ぷっ……まあ、そのくらい大きな口を開けて、可愛い琴子ちゃんをぱくっと食べておりますけれども(笑)。
ガッキーは今回もこのような役回りとなりました。ほんと、彼はこういうポジションに立たせたら右に出る者はいませんよね!

>あやみくママ様 

>あやみくママ様

特にこのバカップルシリーズだと、KBっぷりをダダ漏れにさせておりますので(笑)。言わないだけで、入江くんだって琴子ちゃんが大好きですよね♪多分、職場の皆様はバカップルを見慣れて来て、僅かな視線の移動とかでも察するようになったプロ集団だと思われます。
看護師A「見て、また見てるわ」
看護師B「でも、琴子さんが気付くと逸らしちゃうのよね」
看護師C「絵にかいたようなツンデね」
とか言われてればいいよ!とか(笑)。

お勧めレシピ、ありがとうございます!
コーラを煮立てるというのが意外というか、えええ!?と驚いたのですが…慣れればイケるかもしれん、と思うお味でした♪漢方は難しそうなので、まずはこのレシピと生姜湯でチャレンジしてみます!熱は下がったから、何とかなりそうな気がするんです(^^)ありがとうございました!

>ひろりん様 

>ひろりん様

何とか熱は下がったので、ちょろちょろ動き回り出しました~。ここに来ての赤ちゃん返りもあって、ぎゃあ!と叫んでおりましたが(^^;
って、すいません。ついつい弱音を…(汗)

イリコト以外はみんな知ってるKB。そりゃもう有名なKB。恐らく、ガッキーがちょっと口にするだけで、あっという間に広まったと思います。秘密のツールを使わずとも^m^)プッ
でも、琴子ちゃんは知らないんですよね。入江くんもちゃんと自分のこと好きって、わかってるけど何となく不安で、ドキドキしてて。結婚してもそんなドキドキを忘れない琴子ちゃんが可愛くて、また入江くんはKBに磨きをかけていくんだろうな、そうだといいなぁと思ってます♪

>REE様 

>REE様

入江くんが痴漢なら、琴子ちゃんはそういうプレイとして受け入れてしまいそうですねぇ(^^;
お家まで我慢できない野獣な入江くんなので、KBっぷりがダダ漏れなのです♪
見せびらかしの後にキスしてる絵文字が入ってて、ぷっと笑ってしまいました。所構わずキスしすぎ!?
入江くんは天才なので(天才…すごい免罪符・笑)見えないはずの壁の向こうすら捉える男です。なので、そうですね……数キロ先まで聞こえるのは間違いないですね(笑)。
ガッキーにまさかのM疑惑が出てきて、入江くんのドSに磨きがかかりましたよね(^m^)ムフッ

風邪、なんとか熱がひきました~。後は咳が抜けて、鼻の通りが良くなって……家事は放置です。家の中があっという間に豚小屋です(><)でも、もういい。大掃除で全部旦那に(←ここポイント)やってもらおう!と開き直ることにしました(笑)。

>白湯様 

>白湯様

あちらもこちらも、いつもありがとうございます♪
お蔭様で熱は下がったので、後は咳と鼻となりました~(^^)

白湯様も、勘が鋭くていらっしゃる♪私も、皆にはバレてるのに本人たちは…というのが大好きなので、書いていて楽しかったです。特に入江くんなんて、自分は琴子に素っ気ないと思ってるんですよね。実際のところは…なのに(笑)!
便利キャラと化してしまったガッキーは、今後も蹴られ踏まれつしながら、逞しく入江くんに絡んでいってくれることでしょう♪どんなにスローペースになっても、細々と続けていけたらなと思いますので、これからもよろしくお願いいたします!

ビタミンもしっかり取りますね!お気遣いありがとうございました♪

>紀子ママ様 

>紀子ママ様

なんと、そんなにしつこいのですか!!げげぇ~~~!!です…。二ヶ月近くもそんなものを抱えているなんて、紀子ママ様も無理なさらないでくださいね。
ほんと、夜に咳き込むと、冗談抜きでネギ巻いたろか!と思います(笑)。

そして、まさかのA/K/B!それがA(あまりに)K(琴子)B(バカ)だなんて……爆笑!!!うますぎです、紀子ママ様!!それが48項目あるのかと思うと、想像するだけで笑えます~(笑)

ガッキーはよいポジションにいてくれますよね。彼の働きは、モトちゃんや渡辺くんとはまた違って、本当に絶妙で大感謝です♪

>あやみくママ様 

>あやみくママ様

メールフォームの方ではコメント欄をつけていないので、こちらでお返事させていただきますね!

追記のアドバイス、ありがとうございました(^^)レモン入れても私はいけるなぁ、なんて思ったのですが、子供に出す時はレモン抜いてみますね♪甘ければあ奴はなんでも口にするので(笑)。
また、漢方の方も、服用の際は専門の方に聞かないと手に入らないと思うので、そこからチャレンジしてみたいと思います。
たくさんのお気遣い、本当に嬉しいです。ありがとうございました!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【一回分の…?】へ
  • 【バカップルの家に響くゴング】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。