*初恋*

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 夏的恋愛二十題-6- 夏的恋愛二十題-7-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

ご案内

【初恋】的、キャライメージ(入江家の人々)

 
 夏的恋愛二十題-6- 夏的恋愛二十題-7-
今さらとも思いましたが、一度書きとめておきたいと思いましたので…(笑)
続きは、当ブログにおける入江くんと琴子ちゃん、そして二人ととりまくキャラがどのようなイメージに基づいて書かれているか、になります。
私にとってはメモ的な要素もあるのですが、皆様に見ていただくことで、うちがどんなイメージで書いているのかわかりやすく見ていただけたら、と思いまして(^^)

二次創作ではありませんので、興味のない方はスルーしちゃって問題ありません♪
(同日夜、チビを忘れてたので書き足しました!)




○入江直樹
IQ200もあるくせに、対人関係と恋愛には鈍すぎる男。顔も良いし育ちもいいが、それを鼻にかけたりすることはない。実は高校の頃から琴子だけは特別な位置づけをしていたのだが、無自覚。青さ全開で琴子に振り回されていた。でも謝恩会の夜に琴子のファーストキスを奪って、意趣返し成功?
卒業後、須藤さんや武人という存在にプチ嫉妬しつつも本人無自覚で、そのままお見合いへ。
それに前後して琴子への気持ちに気付いて…ほんと、雨の日に琴子を掴まえられてよかった。そのままゴチになるのかと思いきや、ママの策略の影響で思わぬ据え膳……ラッキースケベかと思いきやそうでもなく、高校卒業の夜琴子に「ザマーミロ」なんて言ったもんだから、今頃になって「ザマーミロ」な状態に追い込まれる。
ともあれ無事結婚し、新婚旅行で調教に目覚める(えっ)。というか、琴子に色々教え込むのが楽しいと気付く。
最高の入江クオリティを目指し、時間の許す限り琴子を「可愛がる」のを趣味とする。(っていうか、趣味は「勉強」と「琴子」なので、当然かもしれない)
すっごいモノをお持ち。西垣先生曰く「マグナム」らしい。
一晩二回で少なくて、平均三回。休日前は四回戦まであると、琴子が同窓会で暴露してしまうほど元気。だが、母親には「淡泊なのでは」と疑われ、精力のつく食事を提供される日々(もちろん、そのことは知らない)。そのお蔭で厳しい勤務医のお仕事をこなせるのかも?
大変よくモテるが、琴子にしか興味がない(機能しない)ので本気でどうでもいいと思っている。
愛の言葉なんて10回に1回言うか言わないか、愛は行動で示すタイプ。(二次作家泣かせ。台詞で誤魔化せない。でも一人称だと言わないだけで思ってるわけだから、けっこう喋る感じになるのでやりやすい。)
カッコよくて頭もよくて、金もあって、奥さん可愛くて――これって人生薔薇色でしょう。文句あんのかこの人…と思わずツッコミたくなる将来有望な若手医師。


○入江琴子(旧姓・相原)
天才・入江直樹の妻。町を歩けば迷子になり、走れば転ぶ。食べたい!と思ってかき氷を頼んだものの、実は朝からお腹を壊していたと後から気付くような天然。
直樹が大好きで、世界の中心に直樹がいる。ので、寝ても覚めても「入江くん、大好き!」な女の子。
高校生の時は無防備な姿をさらして、青い直樹を振り回す。勉強を教えてもらうも、紀子の策略もあってとんでもない誤解をされることも…。
6年間、一途に思い続けてようやく両想いに。
その後は、直樹の変態的なわかりにくい愛情を一身に受ける。わかりにく過ぎて、結婚後は彼に振り回されること多々あり(例:嫉妬事件)。
無意識に直樹を煽っているらしく、よくわからないまま押し倒されたりしている。だが、正直なところ「疲れた」と言ってベッドに座っているだけでも押し倒されるので、何が原因かは未だに理解していない。
小柄で華奢で、とても慎ましやかな胸の持ち主。けど、体のラインは綺麗だと思う。それから、感度も抜群。体のあちこちにキスマークをつけており、ついていない日はありません。琴子は気づいていませんが、常に首の後ろにくっきりしたのをつけて歩いています。(誰も教えないのは、言うと直樹に睨まれるから怖くて言えない、とかだといい。)コンシーラーはシミ隠しではなく、キスマーク隠しに使用してます。
直樹の言うことは余程の無茶でなきゃ受け入れるので、時には猫耳をつけられたり、お医者さんごっこをされたりと色々なプレイに付き合うことも…。すっかり直樹色に染められて、直樹好みに仕上がってるらしい。
あと、直樹の腕枕でないと、ちゃんと眠れないとかだといいなぁ。(逆に、直樹は琴子がいないと寝が浅いとか。)
勉強はできないけど、人間的に馬鹿な子ではありません。人の心の機微に敏感な優しい子。
いつも一所懸命な、天然小悪魔な看護師さん。


○入江紀子
直樹の母。一目見た瞬間から琴子を気に入り、実の息子より愛してるだろ?ってくらい琴子ラブ。
二人をくっつけるために色々画策し、高校時代から大学にかけては壁新聞を提供。また、場合によっては校長室に乗り込んで奇妙な高笑いをしつつ「琴子ちゃんは直樹の嫁ですから!」と周囲にアピールしまくる。
色々あったものの、二人がくっついた後は、二人が仲良しであることを常に願っている良いお母さん。
できれば、一日も早く孫が欲しいな~と思っている。
そのため、息子が淡泊なのではと心配し、精力ドリンクと食材の研究に余念がない。もちろん直樹にバレないよう、ラベルをはがしてから冷蔵庫に入れる徹底ぶり。翌日、琴子の様子を見て効果をチェックしているらしい。
(部屋から出て来れないと評価が高く、普通に降りてくると評価が低い、など。)
妊娠した!?とフライングした時は反省したものの、次こそはと願って今日も今日とて直樹の食事だけ精力がつくような配慮を見せる。が、それ以外での配慮はほぼ、ない。
直樹と琴子に関することには、世の常識とかに囚われないフリーダムっぷりを見せる。なんせ、趣味は写真(むしろ盗撮?)とビデオだし。イリコトのラブラブならば、実の息子のラブシーンでも萌えられる。
彼女の手にかかった無名の作品は数知れない。いつか世に公表したい、と時期を虎視眈々と狙っている。
可愛い嫁を自慢したい一心でテレビ番組を利用することも。琴美が生まれた後は、琴美と最強タッグを組んで「パパとママの邪魔をするお邪魔虫を駆逐する作戦」を実行している。(しかも容赦ない)
パンダイ社長夫人でありながら、とても気さくでお茶目なご婦人。


○入江重樹
パンダイ社長のメタボなパパ。愛想の良い人だけど、一代で会社を大きくしたくらいだから頭のキレる実はすごい人だと思われる。
経営難の折りに倒れイリコトの最大の山場を作り出してしまうも、その後は復帰。裕樹が跡を継いでくれる日を夢見て頑張っている。
紀子を愛し「ノリちゃん」と呼びラブラブ。基本的に紀子に逆らわず、したいようにさせている。それを許せるだけの資産もあるし、度量もあるんだね。
それほど積極的に書かれてはいませんが、恐らく彼も琴子のことはかなり気に入っていると思う。だって、あんなに使えないのに会社でバイトさせてあげたりしてるし。
孫ができたかも!?とフライングした際には、いくつも名前を考えてしまうほど楽しみにしていた。アニキスでは、まだ生まれてもいない孫のおもちゃを大量に用意し、早々と「じぃじと遊ぼうな」などとご機嫌だったところを見ると、かなりの子供好きなんだろうと思われる。
時々二階から聞こえてくるあられもない「夫婦喧嘩」に慌て、家庭内の平安を保つためにラグジュアリーホテルを予約して息子夫婦に濃密な夫婦の時間を提供することも(笑)。
妻と子供たちに翻弄される優しい会社社長さん。


○相原重雄
男手ひとつで琴子を育て上げた苦労人。一体何度家を建てたのか…お金のやりくりどうなってるの?と他人事ながら心配になる。
江戸っ子というイメージですが、九州出身なんですよね。義理と人情を大事にする人なイメージです。
琴子の幸せを願ってる良きお父さん。
わかりにくいけど、色んな意味で(笑)琴子を可愛がって大事にしてくれる直樹を信頼している。
弟子を何人も抱えているところを見ると、実は知る人ぞ知る的な料亭ってところなのかな。
琴子が7歳の時に亡くなった悦子を愛しており、再婚してなくて。琴子が一途なのは、重雄の影響も強いと思う。
娘が同じくらい一途に愛されていると知って、実は密かに喜んでいる。が、重樹同様、上から聞こえてくるあられもない夫婦喧嘩からは逃げたいこともある、ふぐ料理の達人です。


○入江裕樹
直樹の弟として生を受けた瞬間から、もの凄いプレッシャーの中で過ごしてきた子。
だけど捻くれず、努力し続けたのは偉い!
直樹は天才、裕樹は秀才だと思う。
大学卒業後はパンダイに入社し、好美ちゃんと結婚すればいいよ。
年も離れているのに、直樹には立派な男として認識されるらしく、姉弟のように琴子とふざけているとツンドラのような兄の視線にさらされている。時々見せつけられてはぐったり。
いつも琴子をからかったりしてるけど、直樹が神戸研修の時などには琴子の傍で支えてあげるような優しい一面も。
実は、紀子が「次は裕樹と好美ちゃんよぉ~」と狙っているなんてことは知りません。精力のつく食事が数年後には自分にも出てくる、なんてことも当然知らず、好美と微笑ましい交際を続けていく模様。
直樹の琴子への気持ちに最初に気付いたところを見ると、兄と違って、人の心に触れることを厭わない良い子だってわかります。
人当たりは直樹よりマシ。だけど、比較対象が直樹で、それよりはマシな程度なので、あからさまにモーションかけてくる女性とかには直樹と同じような対応をする気がします。言葉がちょっと丁寧なだけな天才の弟です。


○チビ

入江家で飼われているセントバーナード犬。(台湾ドラマだとオールド・イングリッシュ・シープドッグ…多分)
大型犬だけどチビ。まるで「動物/のお医/者さん」に出てくるハスキー犬のようですねぇ。
琴子もチビだけは触れることができるようになり、琴子にとっても愛犬に。二人っきりでクリスマスをお祝いしちゃうくらいですから。
そうして何くれとなく琴子に寄り添い、実はとってもラブラブなチビと琴子。
直樹のお見合い前後では、泣いている琴子にそっと寄り添ったりして、イリコトの恋を黙って見守っているといいな。それで、イリコトカップル成立後は、誰よりホッとしてるとかだと可愛いと思う。
琴子がすぐに「チビ~」と寄って行くので、入江くんの嫉妬心を刺激することも!?
普段はオーガニックの高級ドッグフードを食べているのに、そういうコトがあった日は直樹の手によって粗食に変更。「たまには食うに困ってる犬の気分を味わないとな?」なんてもっともらしいことを言われ、コトンと置かれる安物ドライフード。「くぅ~ん…」と鳴いて汗タラ~な感じになっちゃいます。
大型犬だからそう長生きできないだろうとは思いますが、最期までイリコトの傍で安らぎを与えてほしいな。(確か、セントバーナードの平均寿命って8年か、いっても10年そこそこなんですよね)
入江家のみんなの心の安らぎとなる、形はデカイが気は良いお犬さまです。






他にもいるけど、まずは入江家のみなさまで。
こんなイメージを念頭に置いて書いておりますデス。

関連記事

もくじ   3kaku_s_L.png   ご案内
*Edit ▽CO[11]   

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>narack様 

>narack様

narack様、買いかぶりすぎですよ~(汗)。かなり私なりの解釈とか勝手なイメージが加わっているのですが、とりあえずこういうのを元にお話を書いてます♪だからこういう展開が多いのか!と納得もしていただけたのではないかと(笑)
琴子に対する欲求のみが永久に不滅、というのを読んで「永久/不滅/ポイント」という言葉が浮かび、思わずセゾ○カードみたいだな…と思ってしまいました。毎月5日と20日はいつもより5%気軽に襲い掛かります、みたいな(^^;

イタキスへの愛情度、ここから感じ取っていただけたなんて嬉しいです。ありがとうございました!

>ソウ様 

>ソウ様

楽しんでいただけたようでよかったです~♪
入江くんの愛情って、言葉では表せないほど深い分、やっぱりどうしてもわかりにくいと思うんですよね。でも、琴子ちゃんだけはそれを理解することができて、一身に受けてるといいなって思うんです(^^)もちろん、夜的な意味でも(笑)。
これからも、こんな脳内設定を元に続けて行けたらと思いますので、こちらこそよろしくお願いいたします!

>おかき様 

>おかき様

おかき様に言われて、そうだチビを忘れてるじゃないか!と気づきまして、慌ててチビを加えました~。ありがとうございます!!チビだって大事な入江家の一員。忘れちゃダメですよね(^^;

あちこちから過去作品を思い出していただけて、嬉しかったです(^^)
こんなベースがあるから生まれたものたちなんですよ~。ふふ(笑)。

>匿名様 

>匿名様(2011/8/8 20:50頃)

なるほど、みーちゃんやモトちゃん、西垣先生もですね!
って、西垣先生はすごいことになりそうなんですが(笑)それだけに楽しそうだなぁって思いました。文章にしてないだけで彼らのもありますので、いずれお出しできたらなと思います。
嬉しいお言葉、ありがとうございました!

すごく楽しい 

お久ぶりです。
ほんと、miyacoさんは、人物紹介だけでも、こんなにテンポよく、面白くて、すごいです!!
面白くて笑っちゃいました。
なかなかコメントは残していませんが、毎日ブログにはおじゃましてます。これからも、楽しみにしていま~す。

>モール様 

>モール様

単なる人物紹介といえばそれまでなんですが、楽しんでいただけてよかったです~♪
コメントはいただければ嬉しいものですが、まずは見に来ていただけるのが一番です(^^)
これからもよろしくお願いいたします!

>紀子ママ様 

>紀子ママ様

ですよね、ですよね!何回家建てたの?って思いますよね(笑)
前の家は現金かローン組んだのか…ローン組んだなら、売却してトントンになったのかどうかとか、余計なことまで考えてました。
例えチビでも容赦ない入江くんの独占欲……僕のいつものご飯は?ですよね(^^;琴子ちゃんの顔をペロッとかしたがために。
小可愛亡くなっちゃったんですか!?えええ~~~、あの子可愛くて好きだったのに~!!単位落として琴子ちゃんが家出しちゃった時とか、裕樹くんとの見事な連携プレーも見せてくれて、本当に好い味出してましたよね。私もそれはかなり寂しいです~…。

>おかき様 

>おかき様

いえいえ、お礼は私の方から言わせていただきたいくらいなんです!
大事なチビをすぽーんと忘れてしまって、おかき様が呟いてくださらなかったらそのままでしたもん!本当にありがとうございました(^^)♪

おかき様のコメを読んで、そういえばあれも入江くんの愛なのか…と再確認です(^^)それなのに、入江くんったら……でもその分、琴子ちゃんが美味しいジャーキーとかあげてると思うので、チャラですよ!うん!

こんにちわ! 

初めまして!コメントします。

最高です!
読みながら笑ってしまいました。
入江家の紹介だけて物語が分かってしまいそうです。

そっかぁー。直樹の毎回の食事はそんな事が・・・。
これからもブログを楽しみにしています。

>チャッピー様 

>チャッピー様

初めまして!
こんな辺境の地までようこそお出で下さいました!

入江家の紹介で笑っていただけて嬉しいです♪あれが全てのベースですので、頭の隅っこに置いていただくと、他のお話もより楽しんでいただけるかと思います(^^)
こちらこそ、よろしくお願いいたたします♪
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【夏的恋愛二十題-6-】へ
  • 【夏的恋愛二十題-7-】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。