*初恋*

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 夏的恋愛二十題-8- 夏的恋愛二十題-9・2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

「お題」
夏的恋愛二十題

夏的恋愛二十題-9-

 
 夏的恋愛二十題-8- 夏的恋愛二十題-9・2
9.汗の匂いにまで興奮します――琴子ver.

久々の裕樹くん視点で。








 僕も高校生になって、大分大きくなった。
 できればお兄ちゃんくらい大きくなりたかったけど、どうやら僕はパパの方によく似てるみたいで、お兄ちゃんに似てると言われることはあっても、最近は「でも」という言葉がつくようになった。
 お兄さんよりも目が優しい、とか。
 お兄さんよりも話やすい、とか。
 そりゃね、僕はお兄ちゃんみたいに「琴子に近づく男」を威嚇したりしないし、「琴子と仕事以外はどうでもいい」なんてこともないから、当然と言えば当然なんだけど。
 でも、似てるところだってまだあるんだ。
 服の趣味とかね。
 身長差はあれど、僕とお兄ちゃんの着ている服のサイズは同じだ。
 まあ、僕はMサイズでもいいこともあるけど(お兄ちゃんは身長があるから、大体Lサイズでないと駄目みたいだ)。
 で、これ―――僕は何の変哲もない二枚の黒いTシャツを前に迷っていた。
 琴子の服以外はどうでもいいママが、男なんて何着てもつまらない、と言って僕とお兄ちゃんにって全く同じ色、同じサイズのものを買ってきたのがこれだった。
 ヨニクロのこのTシャツ。さて、どっちのだろう。
 シンプルなだけに着やすくて、僕もお兄ちゃんもつい最近着たばかりだった。
 いつもならママが洗濯物を仕分けておいてくれるんだけど、今日は夕方から出かけなきゃいけないとかでバタバタしてて、暇ならやっておいてって言われたんだよね。
 さーて、これ、どっちがどっちのかなぁ。
 こんなことなら、タグに名前でも書いておけばよかった。どうせ誰が見るわけじゃなし、わかりやすいのが一番だろ。
 とその時、リビングで洗濯物を広げていた僕に声をかける奴が帰ってきた。
 
「あれ、裕樹くん。それ入江くんの?」
「おかえり、早かったじゃん」

 帰ってくるなり兄ちゃんのことかよ。相変わらず、琴子はお兄ちゃん一色だな。
 僕は帰ってくるなり「入江くん」でいっぱいの琴子を見上げた。
 夕方になっても涼しくなんてならないから、琴子は「暑い、暑い」と言いながら手をパタパタ動かしている。
 そして、僕の前にぺたりと座り込んだ。
 
「で、それ入江くんの?」

 僕の持ってた黒いTシャツを指して、琴子が首を傾げている。
 
「二枚あってわからないんだ。ママならわかるのかもしれないけど…」

 同じ程度の使用頻度だし、全くわからない。そう告げると、琴子がパッと顔を輝かせた。
 なんでだ?

「あたしわかるよ!」
「…ンなわけないだろ」

 持ち主の僕ですらわからないんだぞ。
 そう言うと、琴子はふふん♪と得意気に胸を張った。
 そして、僕の手からTシャツを奪うと、くんくんと匂いを嗅ぐ。いやいや…洗剤の匂いしかしないだろ。
 って、そう思ったのに。

「こっち、入江くんのだぁ~~!」
「え!?なんでわかるんだよ!?」
「わかるわよ、だって入江くんの匂いがするもん」

 匂いがするもんって……お前が嗅いでるの、脇のところだぞ!
 なんでそんなところでわかるんだよっ!
 
「へ、変態!!」
「まー、何よ失礼ね。愛の勝利と言ってよ」

 琴子は何のてらいもなくそう言うと、にこっと笑った。
 こ、こいつ……本気でわかってるのか。僕は得体の知れないものを見るかのように琴子を見た。
 
「は~……入江くんの汗の匂い…素敵…」
「……」
 
 本格的に頭が暑さでやられたっぽいな。
 僕はそれとなく琴子と距離を取った。Tシャツの脇の匂いを嗅いで満足してる女の近くになんて、普通いたくないだろ?
 そそくさと残りの洗濯物を仕分けて、琴子の腕にお兄ちゃんのものを押し付ける。
 ママが僕にこれを任せる時、下着類を省いてくれててよかった。たとえ琴子で義姉とはいえ、やっぱり僕も恥ずかしいから。
 まして、こうして本人に洗濯物を渡すことになるのなら、尚のこと分けられていたよかったと思う。

「ふふっ、なんかテンション上がって来たかも!」
「…お前くらいだよ、汗の匂いでそんなこと言うの」

 多分、好美だって言わないぞ。
 そんな僕の嫌味なんか聞こえていないのか、琴子はお兄ちゃんのTシャツを抱きしめてむふふ、むふふと笑っていた。
 どうせまた、下らない妄想でも始めたんだろう。
 それがどんなものなのか、僕は知りたくもない。
 
「入江くんに会いたくなっちゃったな……」

 汗の匂いで?
 ったく、こいつの頭の中一度見てみたいな。どれだけお兄ちゃんで占められてるんだろう。
 それに、どれだけお兄ちゃんに夢中になってるんだろう。
 僕だってお兄ちゃんは好きだし憧れてるけど、間違っても汗の匂いでこんなに興奮しない。(したら大問題だよな)
 リビングで一人めそめそとお兄ちゃんに会いたいと呟く琴子から逃げるように部屋に戻りながら、僕は一つだけ、願っていた。
 
(頼むから、好美はああはならないでくれよな……!)



 END




裕樹くんの中で、好美ちゃんと結婚することは当然のようです(笑)


お題配布元:TOY様
関連記事

総もくじ 3kaku_s_L.png 【お題】
もくじ   3kaku_s_L.png   夏的恋愛二十題
*Edit ▽CO[12]   

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ひろりん様 

>ひろりん様

昨日は親戚たちが集まる前にごそごそ起き出して、脳内をイリコトでリフレッシュさせねばならず(笑)更新して元気出ました~♪イリコトのパワーってすごいです(^^)

私も書きながら某変態ピアニスト(パリ在住)を思い出しました(笑)彼女よりはレベルは低いけど、好き度は琴子ちゃんだって負けてないと思います。そして、ひろりん様ならではの視点もありがとうございました!裕樹くんと好美ちゃんという至ってノーマルな二人と、入江くんにどっぷり浸かってる琴子ちゃん。の○めで言うところの、変態の森とその手前って感じでしょうか♪
対のお話ですね…ふふ、実は私も書きながら「これが入江くんなら」と妄想しておりましたので、書けると思います!お題の合間に挟むか、それとも何かのお題をそれで使うか、終了後に全く別の形となるかはわかりませんが、お待ちくださいませ(^^)
本日は日帰り強行軍ですね。想像しただけで腰が痛くなりそう……む、無理なさらないでくださいね!!高速混んでます…昨日使ったんすが、インター毎にうんざりしました(--;

>おかき様 

>おかき様

お盆でも妄想はノンストップです♪おかき様も見に来てくださってありがとうございます!
裕樹くんは高校生の時点で素直になって、なんだか年相応な可愛らしい恋愛をゆっくり進めていくイメージがあるんですよ~。脇フェチっていうか、匂いフェチっていうか、もういっそ入江くんフェチだろうってくらいな琴子ちゃんですが、もしまかり間違って入江パパとだったらどうしたんでしょうね(笑)
裕樹くんのTシャツをくんくんはしてないと思います。一発ヒット!もしくんくんしてたら……裕樹くん、しばらくチクチク針で刺されちゃうかも(^^;

>ちぃ様 

>ちぃ様

入江くんの匂いなら、高級香水に勝るとも劣らない、と真剣に思っていそうですよね(笑)
お互いの匂いがいい匂いに感じると~というのは、初めて知りました。が、それだとすっごく素敵なことじゃないの~!と嬉しくなりました♪いいこと教えてくださって、ありがとうございます(^^)
入江くんも琴子ちゃんの匂いは好きだと思います、絶対!あれですよね、抱きしめて髪に顔を埋めてさり気なく匂いを嗅いで「お前、甘いな」とか言ってるイメージあります……むふふ♪
裕樹くんはきっと、モトちゃんに次いでイリコトの扱いが巧い気がします(笑)まさかこんな運命が待っているとは、相原家と同居を始めた当初は思ってもみなかったと思いますが(^m^)

>narack様 

>narack様

ああっ、それ同じくっ!!
これ、お盆明けたら戻りますかね……戻らないですよね…(遠い目)。

私も新婚だったとしてもそんなことしようとは思いませんが(絶対に)琴子ちゃんだと、くんくんって鼻を鳴らしてにこっと笑って「入江くんのだ!」と言ってる気がして。それがまた、不思議と可愛く思える琴子ちゃん。
入江くんも「変態」とか言いつつも「仕方ねーな」って可愛く思ってそうだな、と妄想してしまいました(笑)。
早く帰ってきてあげてほしいですよね♪

裕樹くんも実は好美ちゃんで頭がいっぱいです。こんな日常の些細な(?)ことで思い出してるんですから。
初々しいですよね、あの二人(^^)
そして、入江くんが入江ママのお腹に羞恥心を置いて行った、というのに妙に納得してしまいました(笑)!
そうか、だからああなるのか~!!

>むさぴょん様 

>むさぴょん様

ザ・苦労人って(笑)!仕事人みたいな感じで聞こえて、PCの前でぷって吹き出しちゃいました(^m^)
好美ちゃんも出来ますかねぇ。もしそうだとしたら……入江家の嫁はみな夫好き過ぎでしょう♪入江ママも息子たちがそこまで好かれたら嬉しくて仕方ないですよね!
「わたし、琴子先生みたいになりたい!」とか言い出したら、裕樹くんがマジで止めそうですが(笑)

>紀子ママ様 

>紀子ママ様

変態道まっしぐら……確かに(笑)猫まっしぐらな某CMを思い出してしまいました(^m^)プッ
入江くんは汗染みなんてつけませんって、きっと!ただ、襟足とかより匂いが…するのかな?琴子ちゃんしかわからない謎ですね(笑)。
好美ちゃんはもしかしたら同じことができるかもしれませんが、もしできたとしてもしないというか、決して裕樹くんの前では見せない気がします。琴子ちゃんは「すごいでしょ!」と入江くんに自慢して怒られてそうですが(^^;

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>吉キチ様 

>吉キチ様

琴子ちゃんなら、そこでなくても匂いをキャッチしそうですよね(笑)。

裕樹くんが好美ちゃんのを、ですか。ふむふむ……確かにあり得るかも!入江くんだって琴子ちゃんのをキャッチできますから、裕樹くんだってその才能を持っていそうですよね。
って、入江さん家はヘンタイだらけですね(笑)。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【夏的恋愛二十題-8-】へ
  • 【夏的恋愛二十題-9・2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。