*初恋*

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 夏的恋愛二十題-2- 夏的恋愛二十題-4-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

「お題」
夏的恋愛二十題

夏的恋愛二十題-3-

 
 夏的恋愛二十題-2- 夏的恋愛二十題-4-
3.うちわでパタパタ









「暑い~…」

 授業が終わった後、琴子がそう呟いて机に突っ伏した。
 全く、いやぁね。
 いくら暑くたって、そんな風にだらけた姿を見せたら百年の恋も冷めるわよ。
 そう思うあたしの横で、琴子ったら鞄から取り出したうちわでパタパタと仰ぎ始めた。

「…エアコン、入ってんだか入ってないんだかって感じですもんね」

 そう言って、智子も扇子で仰いでいる。
 琴子もMy扇子を持つくらいのことすればいいのに、この子ったら、持ってるのはウサギの形をしたうちわ…子供みたい。
 とそこへ、ガラッと音を立てて―――現れるは入江さん!

「琴子」

 きゃ~ん、相変わらず素敵なお声!
 ざわっと教室が揺れて、それからみんなの視線が琴子に集中する。
 当の琴子は入江さんの声に飛び起きて、ぱっと顔を輝かせていた。

「入江く~ん!」

 そう言って、琴子が入江さんに突進しようとして。

「ちょ、琴子危な…っ」
「琴子さん!」

 ああ…見事にコケた。
 っもう、相変わらずそそっかしい子。足元に置いてあったクラスメートのバッグに思い切り躓いた琴子は、べしゃっとその場にカエルのように潰れていた。
 こりゃ、本気で恋も冷めるわね。
 だって、転んだ拍子で捲れたスカートから見えたのは、白地にクマのアップリケのついたお子様パンツ。今時小学生だって履いてるかどうか……。
 あたしですら、もっとセクシーな下着つけてるわよ。
 …って、はっ!!殺気!?

「馬鹿、何してんだ」

 あたしが思わずきょろきょろと周囲を見回すと、丁度入江さんが琴子を起こすのが見えた。
 お、おかしいわね?
 どこからあんな物騒なもの感じたのかしら。

「ひ~ん、痛いよ~」

 どうやら鼻を打ったらしい。琴子が赤くなった鼻を押さえて立ち上がろうとする。
 それを、入江さんが琴子の脇の下に手を入れてひょいっと抱き上げて立たせた。
 身長差もあるし、琴子も小柄だし華奢だし、出来ない事じゃないんでしょうけど…完全に子供扱いね。
 まあ、あのお子様パンツ…ひっ、やっぱりこの殺気、気のせいじゃない!?
 あたしはゾクゾクッと震えて、自分の肩を抱きしめた。
 どこから発せられているのかわからないところがまた、怖いじゃないのっ。
 思わず挙動不審になるあたし。
 そして、呆れた様子を見せつつも琴子の擦りむいた鼻を撫でてやってる入江さん。
 …無意識かしら、それとも承知してやってるのかしら。妙に甘いわ、今日の入江さんは。

「お袋が、今日はみんなで飯食うから一緒に帰ってこいって」
「え、そうなの?じゃあ待ち合わせだね!デートみたい♪」
「……」

 夫婦になっておいてデート“みたい”で喜ぶって。
 呆れなくもないけれど、でも、いつまでも入江さんに恋してるみたいな琴子ならわかる気もするわ。
 あたしは妙に感心して二人を見ていた。

「それより、擦りむいてる。来いよ」
「え、入江くんが手当してくれるの?きゃ~!」
「うるっせーな、耳元で騒ぐな!」

 …そう言うなら下ろせばいいのに。
 結局入江さん、琴子を腕に抱えたままなのよ。まるで子供を抱き上げるみたいにして。
 別に歩けないほどの怪我をしたわけじゃないんだから、下ろして歩かせれば耳元でも何もないでしょ。
 まあ、単に入江さんが琴子をああして運びたいだけだって言うなら仕方ないけど、ファンクラブ会長としては微妙なものがあるわね。
 立ち去ろうとしている二人を見送っていたあたしは、ふと、入江さんと目が合った。
 やん、これも運命かしら!?

「…桔梗」
「はい!あなたの桔梗はここにおります!」
「さっき見たモン忘れろよ」

 はい?
 さっき見たもの…??
 あたしは首を傾げた。あたし、何か見たかしら?
 意味がわからずにいるあたしに見せつけるように、入江さんが琴子のお尻を撫で上げた。
 琴子が「きゃあっ」と悲鳴を上げ、どよっと周囲がどよめく。でも入江さんは至って平静のまま、ちらりと色っぽい視線をあたしに投げかけてきた。
 色っぽい…というか、あたし挑発されてる?なぜ?
 お尻、と呟いたあたしは、入江さんが言いたいことをようやく理解した。

「…!!」

 わかった、さっきの琴子のお子様パンツね!!??
 じゃあじゃあ、もしかしなくてもさっきからビンビン感じていた殺気は……?

「わかればいいんだけど」

 や、やっぱり入江さん―――!!
 あたしは首振り人形のように、かくかくと首を動かした。
 だだだ、だって、入江さんの微笑みったら綺麗なのに怖いんですもの!
 逆らっちゃいけない、抵抗しちゃいけない。ここは大人しく頷いておかないと、あたし…心だけでなく体も女になっちゃうわ!(しかも強制的に)





 二人が立ち去った後、智子がぱたぱたとうちわで扇いでくれた。

「…モトちゃん、すごい汗よ」

 そうでしょうね。
 でもね、智子。
 これ…冷や汗なのよ……。


END


 




お題配布元:TOY様
関連記事

総もくじ 3kaku_s_L.png 【お題】
もくじ   3kaku_s_L.png   夏的恋愛二十題
*Edit ▽CO[15]   

~ Comment ~

おはようございます 

相変わらず鋭い直樹ですね
幹ちゃん 真っ青…(笑)がんばれ~
でも 琴子 可愛いなぁ~
なんか 目に浮かぶ後景ですね^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは 

夏話第3弾upありがとうございます!
モトちゃん、かなり涼しくなったようで・・・涼しさ通り越して若干寒い??
入江くんはクマパンツでも萌えるのか?ってか、パンツはどんなでも、肝心なのは中身♡なのでしょうね。
公衆の面前でお尻なでなでが何だか艶めかしくて、萌えました!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ひまわり様 

>ひまわり様

入江くん、すごい範囲が見えてそうですよね(笑)
こと、琴子に関しては些細なことも見落とすことはなさそうです。それが琴子ちゃんにも伝わっていれば、毎回大騒ぎにはならないでしょうに…(^^;

何故か私の中の琴子ちゃんは、町を歩けば迷子になり、走れば転ぶというのがお決まりな気がしちゃうんです(笑)変だなぁと思っていたのですが、目に浮かぶと言っていただけて嬉しかったです♪

>ちぃ様 

>ちぃ様

そうなんです、もうちょっとのことでも見逃してなるものか!という感じで(笑)
ふと思ったんですが、馬って人と比べてかなり広い範囲が見えているそうですね……馬…はっ、まさか!?

人前でお尻触られて、琴子ちゃんはきっと真っ赤になったと思います。入江くんのバカ!と思ってるところを想像してくださいませ。挙句に、ちぃ様の仰る通りイチャモンのようにおしおきされ(笑)
あああ、琴子ちゃん~~~逃げてっ!

…と、自分で書いたくせに叫びそうになりました(^^;

>たーくんママ様 

>たーくんママ様

ぷぷっ、そうなんですよ~(笑)涼しさなんてどこへやら、むしろ寒くなってしまったモトちゃんなのでした。
入江くんは琴子ちゃんなら何でもOKなので、クマパンツでも萌えます。恐らくグ○ゼの子供用白パンツでも萌える気がする(←失礼)。だって、仰る通り肝心なのは中身ですから♪

きっと見ていた人は思ったでしょうね。
「あ。入江さん、琴子さんのお尻触った…」と(笑)
萌えポイントを見つけていただけて嬉しかったです!ありがとうございます(^^)

>narack様 

>narack様

おかえりなさ~い!!
そして、お疲れ様でした。帰宅したばかりでお疲れのところ、さっそく遊びにいらしてくださって嬉しいです(^^)

クマパンツでも、琴子のパンツなら俺のモノ。彼のバックにはきっと「琴子のパンツはいいパンツ~♪」という歌が流れていることでしょう(笑)。
手当……口実ですよね、きっと。私もそう思います。最初は「バーカ」ってからかって終わるはずだったのに、何故か気付いたら『手当』とか抜かしてたんですよ、あの人!
キャラが動き出すってこういうことなのかな…と、妙なところで考えてしまいました(^^;
それとも、さすが野獣と褒め称えるべきでしょうか!?

お返事などはどうぞお気になさらず!夏休みですもん、時間はたっぷりありますって♪

>紀子ママ様 

>紀子ママ様

入江くんにとっては『間違えても何でも、ついてるモンはついてるんだろ』ということらしいですよ(笑)。
独占欲が宇宙規模…確かに!!それで琴子ちゃんを包んでるんですから、本当にもう…そんなの、琴子ちゃんでなきゃ耐えられないですよね(^^;

ところで、勝手ながら…モトちゃんの下着は、紫か赤のTバックとかを想像しております。白とかピンクじゃなくて、色味のはっきりした下着。余談ですが、真里奈は豹柄とかゼブラ柄で、智子はピンクとか黄色のパステルカラー系。啓太は普通のトランクス(もしくはブリーフ)を想像しております(笑)。

>むさぴょん様 

>むさぴょん様

ひゅうぅ~~…という感じで冷たい空気がモトちゃんを襲ったようです(笑)
間違えて男に生まれた女なのに、可哀想に(^^;
冷や汗が冷えたら、お腹壊しそうですよね。そこまで入江くんの計算だったらすごいな、などと思っております~。

>おかき様 

>おかき様

ファンクラブは非公認なので、ツンドラにさらすのも厭いません(笑)。
琴子ちゃんのお子様パンツは、入江くんにとっては最高のパンツなんですよねぇ、きっと。おかき様、それを想像しちゃうなんて、なんて危険を…!今すぐ逃げないと、入江くんのツンドラ視線にさらされちゃいますよ~!?
朝から殺気でドキドキだなんて、ものすごい経験をさせてしまったのですね(笑)ふふ…すいません~!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ぴくもん様 

>ぴくもん様

皆様楽しいコメントを寄せてくださるので、つい思いつくままにリコメしてしまったのですが、ツボに入っちゃいましたか(笑)ふふっ。
視野は草食系、行動は完全肉食獣…これまた、なんて見事に彼を表現してるんでしょう!両生類の新たな意味ができたようで、私はそっちがツボでした!

琴子ちゃん、いつくらいからお子様パンツじゃなくなるんでしょう。いっつもそれを考えるんですが、入江くんはそのアップリケシリーズのパンツを気に入ってそうな気もしちゃって(笑)。でも、ナース服だとあのアップリケは透けそうですよね(^^;透けないのかな。どうなんだろう。透けちゃうなら、入江くんが断固としてアップリケパンツは禁止しそうだなぁって思ってます♪
そして、最強なのは智子というのも、その通り!よくぞお気づきに…!うふふ、と綺麗な笑顔で微笑みつつも、あの入江くんの視線を屁とも思っていないのだから、かなり強いですよね(笑)

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>吉キチ様 

>吉キチ様

殺気なんて、普通に生活してたら感知することはないはずなのに、なぜか察知してしまうモトちゃん(笑)
過去、どれだけ被害にあってきたんだって話ですよ…ええ…。
ある意味、夏の怪談より怖いかもしれません。実害がありますから…確実に(^^;

ブルマ着用…あのパンツじゃ、幼児が履くような紺パンツが似合うけど、それを調達できたら怖いし(笑)
いやでも天才だから…!?(天才を免罪符にしてはいけませんよね。すいません)
ところで、あの…露出禁止令ですが、段々おかしくなってましたよ~(^m^)プッ!
着用禁止って!!いやもう、誰も二人の寝室に入れなくなっちゃうところを想像しちゃいました(笑)!
琴子ちゃんも最初は抵抗しても、言葉巧みに説き伏されてしまうんでしょうね…それもまた浮かびます。うーん、入江くん恐るべし!…ですね(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【夏的恋愛二十題-2-】へ
  • 【夏的恋愛二十題-4-】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。