*初恋*

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 バカップルのBaby☆Panic バカップルの子供、全国デビューする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

「バカップル」
バカップルの子供

バカップルの子供、病院へ行く

 
 バカップルのBaby☆Panic バカップルの子供、全国デビューする
常々タイトルセンスはないと思ってましたが、今回ほど酷いと思ったことはないです……酷過ぎるだろう、自分。・゚・(ノД`)・゚・。










 琴美が風邪をひいた。
 幼稚園で流行っていたからとかではなく、なぜか素っ裸で寝ていたからだ。一晩ですっかり冷え切った体は、翌日の朝には風邪の症状を見せていた。




「ほら、みーちゃん。もうすぐだからね」

 最近転科して、念願の小児科に移った直樹に見てもらおうと、琴子は琴美を連れて斗南大学病院の小児科を訪れていた。
 顔を真っ赤にして、ずびずびと鼻水をすする琴美は、見るからに具合が悪そうだ。
 だが、今の小児科にはそんな子供が溢れているので、琴美だけが苦しそうというわけではないのだが。
 手元にある受け付け番号と、診察室の入り口に表示された番号が近づいてきたことを確認しながら、琴子は不調で機嫌の悪い琴美を宥めていた。
 やがて、ポーンと音が鳴って、琴美の順番がきた。

「入江琴美ちゃん、診察室3番へお入りください」
「…パパの声だ!」

 大好きな父親の声に、琴美がぱっと顔を上げた。先ほどまでの不機嫌は吹き飛んでしまったらしい。
 中に入ると、直樹はの隣に初々しさの残る医師がいた。研修医である。
 それはつまり、直樹がかつての西垣の立場になったということでもあるのだが、琴美にはわからないことだ。
 不思議そうに直樹と研修医を見比べ、ママ?と琴子を見上げている。

「ちょっと質問させてねー」

 そんな琴美の目線に顔の位置を合わせ、研修医が優しい声で問いかけた。
 ずびっと鼻をすすって、琴美が研修医を見た。

「喉は赤いかな?どうかなー?」

 あんぐりと大きな口を開け、琴美が喉を見せる。
 研修医は大分慣れた手つきで喉を見ると、琴子にいくつかの質問をした。琴子も現役の看護師だ。さすがに的外れなことは言わず、的確に症状を伝える。
 直樹はそんな二人のやり取りを見て、それとわからない程度に目を細めていた。
 カルテを入力し、薬を決める。あとは処方箋をプリントアウトして…というときだった。

「ねえ、先生。みーちゃん、わかんないことがあるの。先生なら教えてくれる?パパもママ教えてくれないの」

 その言葉に、琴子と直樹は顔を見合わせた。
 研修医も不思議そうに首を傾げ、入江先生にわからないことなんてあるのか?などと呟いている。
 小児科の看護師も首を傾げ、今や同僚でもある琴子を見ていた。

「みーちゃん風邪ひいちゃったのはね、裸ん坊で寝てたからなの」
「おや、そうだったのかい」

 思わぬ告白に、研修医はくすっと笑った。
 なんとも微笑ましいことだ、と思って。
 琴美の告白は琴子も直樹も知っている事実だったので、それが今更どうしたのかと思っていた。
 琴美は一生懸命説明している。

「うん。だってね、パパとママがね裸でぎゅうしててね、ママ泣いてたのにパパったら嬉しそうに押しつぶしててね。でもママ赤かったから、裸で寝ても暖かいのかと思って試したら、鼻水出ちゃったの」


「「……!!」」
 
 直樹と琴子が固まる。
 その場にいた看護師達がぶっと吹き出し、研修医はぷるぷる震えだした。

「ねえ、どうして裸で寝てたのに、パパとママは風邪ひかなかったの?どうしてみーちゃんだけ風邪ひいちゃったんだろう?」

 研修医が直樹を見る。
 思いがけず落とされた爆弾に頭痛を覚え、直樹は額に手を当ててため息をついた。琴子に至っては、真っ赤になってしまって顔も上げられない。

「後ね、どうしてパパはママがイヤって泣いてるのに意地悪するの?あーんあーんって、いっぱい泣いてたんだよ」
「みみみ、みーちゃんっっ!!!」

 今更口を塞いでも遅い。琴美は聞きたいことを全部吐き出した後なので、じいっと研修医を見つめるだけだ。
 研修医はついには口まで震えだして、ぷるぷるとそれを堪えながら何とか口を開いた。

「た、多分、だけどね?ぱ、パパは意地悪してなかったんだと思う、よ?うん…くくっ……その、ママが大好きだからだね、うん……な、仲良ししてたんじゃないかな……ぷっ」
「泣いてたのに仲良しなの?」
「そうだよ」

 これが彼の限界だった。
 ちなみに、居合わせた看護師達はすでにリタイアしており、何事かと覗きこんできた他の看護師まで思いがけない暴露話に体を震わせていた。

「…琴子。もう大丈夫だから、帰れ」
「う、うん…!」

 直樹の言葉に、琴子は急いで琴美を抱えて立ち上がった。
 けれど、5歳にもなり体重も増えた琴美を抱えて、急に立ち上がるのは無謀だ。ふらっと揺れた琴子に抱えられた琴美が、ぶーっと不満の声を上げた。

「ママ無理だよ!昨日だってパパに意地悪されて泣いてたでしょっ」
「みーちゃんっっ!!」
「ママはパパにぎゅうされた次の日は朝起きれないんだもん。みーちゃん知ってるもん。ばぁばが言ってたもん!」

 ――へ~、昨日もなんだ…。
 そんな声が、どこからともなく聞こえてくる。
 今度こそ琴子は居た堪れず、「お義母さん…!」とこの場にはいない紀子に心の中で恨み言を挙げつつ、その場から逃げるように立ち去ったのだった。



           **********



 帰ってきた直樹は、珍しく琴子に叱られていた。立場逆転である。
 琴美は薬の効果もあって、すっかり夢の中だった。

「みーちゃんがいるときは、えっち禁止!」
「拒否する」

 コンマ3秒で却下され、琴子があんぐりと口を開ける。
 直樹はそんな琴子の横をさっさと通り過ぎると、寝室の奥に作られた書斎で荷物を広げた。

「俺たちが夫婦なのは変わらないんだし、夫婦ならおかしくないだろ」
「きょ、教育上の問題よっ」
「お前が教育ねぇ……?」

 フッと小馬鹿にされたのがわかり、琴子がむむむっといきり立つ。

「ともかく、俺はお前を抱くのをやめる気はないからな。対策は任せた」
「酷い!横暴!」
「一方的に夫婦の性交渉を制限しようとするお前の方が横暴」

 しれっと言い放ち、直樹は琴子を抱きよせた。
 ぐっと近くなった彼の顔に、思わず琴子がのけ反る。

「俺は別に今のままでも構わないんだぜ?余計なちょっかい出してくる馬鹿が減るしな」
「……」

 直樹の言っているのは、琴子にアプローチしている男性患者や医師達のことである。もっとも琴子は気付いていないが。
 しかし琴子はそうは取らず、直樹に言い寄る女性患者や看護師、女医達のことを思い浮かべていた。
 そして、それを言われてしまうとぐうの音も出ない。直樹の言うことも一理ある、などと思ってしまうからだ。

「じゃあ……前もってわかってれば、みーちゃんはお義母さんたちのところで寝てもらうようにお願いするっていうのでは…?」
「俺はいいけど」

 でもそれでは、今日はいたしますよ、と宣言しているようなものである。
 琴子は気付いていないようなので、直樹は黙っているが。いつか気付く日がくるのだろうか。
 思いがけず名案が浮かんだと笑う琴子を横目で見ながら、直樹はくっと口角を上げたのだった。


END



琴美爆弾は、紀子地雷(N地雷)と同じくらい強力です(笑)


関連記事

総もくじ 3kaku_s_L.png 【バカップル】
もくじ   3kaku_s_L.png   バカップルの子供
*Edit ▽CO[16]   

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>AZAMI様 

私も書いていて楽しいので、そう言っていただけると嬉しいです♪
ありがとうございます(^^)

>りあ様 

こんにちは!拍手のお返事も一緒にさせてくださいね(^^)
約束通り(笑)のコメント、ありがとうございます!

研修医も必死に考えた答えがあれだったようですヾ(*´∀`*)ノ
琴美ちゃんは、やっぱりこういうノリのが書きやすいです♪ママが困ってるの、わかってると思うんですけどねぇ。でも、大人が困ってるのを見て調子乗るってよくあるし、そんな感じかな?
入江くんは堂々としてます、絶対(笑)!オロオロするからつけこまれるんだ、くらい思ってそう。
琴美ちゃん、よっぽど上手に寝たふりしてたのかなぁ。それか、りあ様の仰る通り、入江くんが夢中になりすぎた!?

紀子ママのところで寝る→さらなる危険が、は美味しいですねwww
あ、それ…c⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...

>吉キチ様 

歩く口爆弾…上手いこと仰りますね(笑)ほんと、その通り!
もうあっという間に病院中に広まってそうですよね。琴子も入江くんも、有名人だと思いますもん。
そうか、それがばぁばの血筋か…!と妙に納得です(笑)

琴子が入江くんに口で勝とうっていうのがそもそもの間違いですもんね。
入江くんもたいがい腹黒ですが、ばぁばと琴美の口爆弾は、周囲への牽制が有力ですね!その案、いただいてもよろしいでしょうか!?
その場合は、やっぱり作戦を考えてるのはママでしょうね…(笑)

拍手お返事 

>Ayaha様

おお、確かに琴子が一番常識人に見えますね(笑)!!言われて初めて気がつきました~。
すごい3世代ですよね。しかも同居してるから、なんて言うか…ぬかりなし?
あんなにバッサリ拒否されて、琴子はこれからどうするんでしょうね(笑)ああ、また続きを妄想したくなってしまいました♪


>紀子ママ様

そうです、入江様は俺様なので、拒否も早く絶対なのです(´∀`*)ウフフ
言われてみれば、琴美はもうパパとママと眠れなくなるのか…とはっとしました。いや、入江くんが大人しく寝てればいいんですけど(笑)バカップルシリーズの彼はとんでもないお方なので、そんな可能性も否定できませんよねぇ。ああ、可哀想な琴美ちゃん!
その恨みを、ぜひこれからも爆弾投下で晴らしていただきたいものです~♪


>&様

こんにちは!
そうそう、テレビでよくありますよね!笑って○らえて!とか(笑)全国ネットで家庭の裏話が…あれはかなり恥ずかしいですよね。とりあえず、ご近所さんには十分わかってしまうんですし(^^;
にしても、死ぬって…(笑)一体どのようなプレイだったのか、ぜひ神様オレ様入江様に教えていただきたいです(^m^)クスッ


>みえ様

もうあんまりにも楽しいネタだったので、すっごく楽しく早く書けちゃいました!楽しんでいただけてよかったです♪
やっぱり、ネタがいいといいですねぇ…(笑)
琴美が気づいたのもあるし、紀子ママが吹きこんだのもあると思います。なかなか起きてこない琴子に気づいて
「あれ?ママは?」なんて聞いた日には「ママはね、パパに良い子良い子してもらったから疲れちゃったのよ」とか…え、そんな理由あり?みたいなことを吹きこまれていそうです♪
そして、素っ裸で目覚めたみーちゃん。きっと、ネタとなるような話をしてますよね(笑)ああ、なんてばぁば思いな子なんでしょう。・゚・(ノ∀`)・゚・。

入江くんの拒否は早かったですよね。おいおい、そんなに早く拒否かよ、と西垣先生のように呟いてしまいました(^^;
入江くんになら、あれくらい求められたら幸せですよね(^^)琴子、頑張れ~!です。

 

いやいや~、実にハズいぞ~入江夫妻!
みーちゃんと夫婦は同じ部屋で寝てて、ベッドが違うのよね?(決して川の字では寝てなさそう…川の字なら、みーちゃん邪魔だし、ベッドが揺れて寝れないし…)
5歳にして鋭い観察力!琴子が「入江クンの意地悪~」とか言ってるのを聞いてそのまま受け取ってるのよね、純粋だ~。「あ~んあ~んって泣いてる」もマジウケです!
今後の対策はちゃんと練らないとね!この分だと、幼稚園の先生とかお友達にも話してそう…。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>たーくんママ様 

この後、さらなる恥が彼らを襲う…!なーんて煽りを文句が入りそうですよね(笑)
ベッド揺れて眠れない、の辺りで吹きました。確かにそうだ。゚(゚^Д^゚)゚。
どんなに寝付きの良い子でも目覚めちゃいそうですよね。なんか…激しそうですし。入江くんは!
5歳の観察力、侮れません…♪

今後の対策が穴だらけで、どうするんでしょうねぇ。この夫婦……もう、幼稚園の先生たちはみなさんご存じですよね(笑)琴美ちゃんが言ってないわけがないかと。でも言えない、指摘できない。
ああ、私も琴美ちゃんの幼稚園の先生になって、ネタを仕入れてきたいです!

>吉キチ様 

はい!ぜひ書かせてください♪
色んな方とのお話を合わせたら、なんか出来そうな気がするんです~!
ばぁばから「GJ」もらえたら、琴美ちゃんも立派な隊員(なんの?)ですよね…ふっふっふ…。

>hitomi様 

琴美爆弾、最強でもあるし琴子達にとっては最凶でもあるかと(笑)
なんせ入江くんの血をひいてますから……今回たまたま無意識だっただけで、別な時には確信犯にもなれそうな気がしません?
ばぁば作戦立てて、琴美が実行。最強タッグです!

いや、もう原作ではあんまりそういう感じを見せてくれなかったので(なんだかんだ言って琴子が大事だったのはわかってるんですけど)二次では思いっきり遊ばせていただいております♪ほんとこの人、偉そうですよね(笑)

「フナーツ」いただきます!快諾していただいてありがとうございます!!

>naotti3様 

紀子→直樹→琴美という、すんごい血脈ですからね(笑)
そこに琴子の無邪気さが加わってますから、もう最強だと思います!

いたす日を自ら宣言する恥ずかしさに、琴子はいつ気がつくんでしょうね。はっきりと言ってお願いするわけじゃないとは思いますが、ママならすぐに気づきそうですし(^^;
そしてパパがいるとママと眠れない琴美ちゃん…可哀想すぎる……(笑)

 

楽しいー(^_^)
二人の子供 さすがみーちゃん 恐るべし!
入江君も見られてもお構い無しで 恐るべし!
琴子の恥ずかしがりはさらに入江君をパワーアップさせそうですよね。
みーちゃん 預かってもらったら ますます琴子起きれなさそうね
まだまだ続きが読みたーい

>さくら様 

脈々と受け継がれる入江ママと入江くんの血+琴子の無邪気さ=最強です(笑)
さすがの入江くんも見られてることに気づいたらやめたとは思うんですが、きっと夢中になってて気付かなかったんですねぇ…ぷぷっ。
みーちゃん、預かってもらったらそれはそれで……ひと悶着ありそうですよね。
私も書くのが楽しくて、これもバカップルの中でアニマルみたにわけたいなぁ、なんて思ってしまいました♪
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【バカップルのBaby☆Panic】へ
  • 【バカップルの子供、全国デビューする】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。