*初恋*

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 Likes you who do your best -2- 頑張った君のために
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

「二次創作」
中編

Likes you who do your best -3-

 
 Likes you who do your best -2- 頑張った君のために


Likes you who do your best -3-




「はぁ~い、美貌の白衣の天使サマのお出ましよん♪」

 ひょこっと顔を出した桔梗に、琴子はベッドの上で顔を綻ばせた。
 琴子の骨折騒ぎは外科病棟にしっかり広まっており、顔見知りの医師から患者まで、ひっきりなしにお見舞いが来ている。その数は直樹の時の比ではなく、なんだかんだと言われつつも、琴子がこの病棟で愛された看護師である証明でもあった。
 義母紀子の希望で、琴子の病室が個室であることもお見舞の多い理由かもしれない。
 
「まったく、あんたもいい加減ドジよね。落ちた時、意識なかったんですって?」
「らしいね~」
「らしいって…もう。いくら入江先生が好きだからって、そんなとこまで真似なくたっていいでしょうに」

 体温計を差し出しながら、桔梗が苦笑する。
 確かに、階段から落ちた後に疲労から眠りこけたことや、骨折ということまでお揃いではあったので、琴子は何も言い返せない。しかも、骨折した場所まで同じだとは、琴子自身も驚いていた。
 
「啓太がリハビリは任せろって言ってた」
「ああ…熱血だからね、無理なら無理って言いなさいよ。今回のことは、頑張りすぎた結果なんだから」

 くるくるとボールペンを弄び、桔梗が琴子を優しく見下ろす。
 まるで姉のような桔梗に、琴子は頷いた。温かい友人に恵まれて、本当に幸せだと思う。
 桔梗はそんな琴子の頭をぽんぽんと撫でて、くすっと笑った。

「ほら、お待ちかねのお見舞いよ。しばらく邪魔が入らないようにしてあげるから、ごゆっくり」

 長い指が指す方向を見た琴子は、あ、と口を開けた。
 ドアのところに直樹がいて、桔梗の口ぶりを聞いて妙な顔をしている。からかわれたのが面白くないのもしれない。
 なんにせよ、琴子には嬉しい訪問だった。

「入江くん!」

 直樹は病室を出ていく桔梗に声をかけ、桔梗もまた心得ていると言わんばかりの顔で頷いている。
 ゆっくりとドアが閉まるのを見届けて、直樹は琴子の横へ来た。丸椅子を引き寄せ、腰を下ろす。
 なんだかこうしてゆっくり彼を見るのも久しぶりで、琴子は嬉しそうだ。

「痛むか?」
 
 直樹が、ギブスで包まれた琴子の足を見た。
 細い足の途中、膝から下が太いギブスに変わっている様は、どう見ても痛々しい。
 けれど、琴子は笑顔だった。

「ううん、全然!入江くんが担当してくれてるんだもん、痛いわけないよ!」

 その笑顔があんまり真っ直ぐで、キラキラしているように見えて。
 直樹は眩しそうに目を細めた。
 ただでさえ不規則でハードな仕事だ。その上で人知れず努力を重ねる琴子を、直樹は自慢に思ってきた。
 口に出したことはないけれど。
 今回だって、直樹に言い訳するわけでもなく一人で頑張っていた。その結果がこれだとすれば、実際に直樹が何かしたことではなくても――いや、何もしなかったからこそ罪悪感が芽生えてしまう。
 直樹は椅子から立ち上がり、琴子のベッドに移った。
 突然近くに来た直樹を、琴子が不思議そうに見上げている。立っているときはもちろん、座っても琴子は直樹を見上げているのだ。当たり前と言えば当たり前だが、そんな些細なことがどうにも愛しくて、直樹は柔らかな琴子の頬に手を添えた。触れずにおれなかった。

「どうしたの?」
「頑張ってたなと思って」
「――……入江くんが優しい……?」

 せっかく直樹が素直になりかけたのに、琴子はじとっと目を細める。
 その目が訴えることを正しく読み取った直樹は、はあ、と溜め息をついた。予想していたこととはいえ、あまりにその通りなので、思わず呆れてしまう。

「…浮気の心配か?」
「だ、だって!入江くんが優しいなんて変だもの!」
「随分な言われようだな」
「だって…」

 だが、直樹も今までの自分の態度を考えれば、琴子がそう言うのも無理はないとわかっている。
 直樹はベッドの端に腰かけると、琴子の額に自分の額を押し当てた。

「お前が頑張ってたからだよ」
「入江くん…」

 琴子の顔が歪む。ぎゅうっと堅く瞑られた目から、ぽろぽろと大粒の涙が零れた。
 小さな手が直樹の背中に回り、白衣を握りしめる。

「あたし、入江くんに自慢の奥さんって思ってほしくって、けどうまくいかなくって」
「…琴子」
「か、階段から落っこちちゃうし……お仕事休まなきゃいけなくて、みんなに迷惑かけて、それで結局は入江くんにもまた迷惑かけっ……ふぇっ」

 顔を真っ赤にして泣きじゃくる琴子は、お世辞にも綺麗なんて言えない。でも、直樹には最高に可愛く見える。
 直樹が泣いてる女を見て可愛いと思うなんて、琴子以外にはあり得ないだろう。
 それでも、琴子なら間違いなくそう思うから。

「思ってるよ、ちゃんと。お前は俺の自慢の奥さんだ」
「うううぅ~~…」
「大好きだよ、琴子」

 直樹は琴子を抱きしめた。
 心なしか、記憶にある琴子の体よりも痩せた気がする。退院したら、旨いものでも食いに連れて行ってやろうと思った。

「前と逆だな」
「前?ああ…そうだね」

 直樹が思い出したことを、琴子も思い浮かべたらしい。桜色の唇が柔らかく弧を描く。
 まだ目も鼻も赤いけれど、少しだけ元気が出たようだ。
 直樹もそんな琴子を見て安堵し、気が楽になった。琴子の唇を親指でなぞりながら、にやりと口角を上げる。 

「医師と患者かぁ。やらしくっていーなぁ」
「!!」
 
 直樹の腕の中で安心していた琴子は、その発言に慌てて顔を上げた。
 離れようとしても、きつく抱きしめられていて動けない。
 数分はジタジタしていた琴子も、やがて諦めたのか直樹に身を任せた。
 
「時間外診療希望する?」
「…し、しない!」
「タダなのに?」
「タダより高いものはないって言うもん……」
「そりゃ残念」

 くくっと直樹が笑う。琴子はむうっと頬を膨らませて、それでもくすぐったそうに身じろぎしただけで抜け出そうとはしなかった。
 
 
「ね、入江くん。後でご飯食べさせて」
「はあ?お前が怪我したの足だろ」
「手首も捻挫してたみたいで~……」

 目を泳がせて、琴子が訴える。見え見えの嘘で、いつもならすげなく却下して終わりにしていただろう。
 でも、今日だけは。

「ったく……わかったよ」
「ほんと!?」
「今日だけだからな」
「うん!!」

 嬉しい!と笑う琴子の唇に、直樹は優しくキスをする。
 啄ばむようなそれに琴子はぱちぱち目を瞬かせ、すぐにふわりと笑った。

「入江くんのご褒美のちゅーだ」
「もう一回してやるよ」

 また二人の唇が重なる。 
 それが段々と深いものに変わっていくのに、さほど時間はかからなかった。


         ***********


 そんな甘い甘い空気の満ちる病室の外では。
 直樹も来ていると聞いてからかってやろうと訪れた西垣が、部屋のなかから聞こえてくる砂を吐くようなやり取りに悶絶していた。
 くぉおおお~、とおかしな呻き声をあげている。

「…に、二重人格かアイツは……」
 
 女性との甘い空気を味わうのは得意のはずの西垣だが、直樹と琴子の醸し出すソレには耐えきれなかったらしい。
 しばらくして、細井看護師長にボロ雑巾のように引きずられてい行く姿が目撃されたのだった。
 



 END



いつもなんですが、どう落ちをつけるかと迷います…私のプロット、いつもラストが雑なもんで(--;
何が書きたかったって、最後のやりとりですよ。「やらしくっていーなぁ」ってあのセリフ!もう一度言わせたかった~!って……アホですいません(^^;
山があったんだかなかったんだか、という駄作になりましたが、甘い空気だけでも楽しんでいただけたら嬉しいです。
関連記事

総もくじ 3kaku_s_L.png 【二次創作】
もくじ   3kaku_s_L.png   中編
*Edit ▽CO[13]   

~ Comment ~

NoTitle 

miyacoさん、3話完結・・・お疲れ様でした!
入江ったら、結構素直に琴子のこと褒めてあげてたね。
2人の甘々ムードの続きを勝手に妄想してたら、頬が超緩む~。琴子にご飯を食べさせる入江・・・「もっと口大きく開けろよ。こぼれてんじゃん!」とか言って、入江は琴子の口の端からこぼれるソースを唇で吸い取る・・・みたいな・・・。アハハッ、壊れてる、私・・・。
是非、続編を~!!よろしくお願いしま~す!

いいねー(^_^) 

甘い二人はみんなの大好物です(^▽^)
それを目撃して脱け殻になる西垣先生も…(あはっ)やっと優しく入江君になってくれて 一安心です。誰のために頑張ってるか 直樹もよくわかってるばず!優しく可愛いがってゴロニャンと甘えん坊な琴子が続きで読みたいです!o(^o^)o
三話 お疲れ様でした

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>たーくんママ様 

ありがとうございます!続きを待ってくださる方がいらしてくださったから、終わらせることができました(^^)
たまには素直な入江くんもいいかと…いや、アニキスとかを見返してみると、結婚後はけっこう…デレ率高かったんですね(笑)甘々な二人はすぐにカギのついたお部屋に行ってしまうので、そこが困りものです。いや、私がそう書かなきゃいいんですけど(^^
でもたーくんママ様の書かれたシチュもステキ!!続き…裏でないのも書いてみようかな、と思ってしまいました(単純)♪
コメント(あとネタも!)ありがとうございました!

>さくら様 

よかった、みんな共通の好物だったんですね♪
西垣先生は、入江くんに「ぎゃふん」(古っ)と言わせたいくせに逆に「ぎゃふん」と言わせられる人だと思っています(笑)
そして清水主任か、細井看護師長に捕まる、と(^m^)ププッ
ごろにゃんと甘える琴子…その表現、可愛くていいですね!入江くんにだけ甘える琴子ネコ。そりゃあ入江くんだって甘やかしちゃうんでしょうね♪
コメントありがとうございました!

>吉キチ様 

こんにちは!
吉キチ様にそう言っていただけると、頑張ってよかった~って思います(^^)
直樹がご飯食べさせたら・・うん、確かに違うお部屋(カギつき)に行ってしまいそうです(笑)でも一応病院だと自粛するのかな?ふふふ…そしたら、退院後ですね♪カギつき~…実は半分くらい書きあがってたりします。えへへ。

西垣先生、好きなんですよ~。優秀な外科医(確かそんな触れこみだったような)なくせに、入江くんにしてやられるところが愛嬌があって(笑)モトちゃんが通報したかもしれないですね!うん!
「多分…来るから、よろしく」「は~い、了解で~す」とか言って。それも面白いなって思いました(^^)
コメントありがとうございました♪

拍手お返事 

>紀子ママ様

おかわりですね!?間もなくご用意します(笑)!

腹黒入江くんですから、琴子がおねだりしたら、悪いコトを企んでしまうのではないかとドキドキしそうです(^^;
二人の時なら琴子がくっついても、口では「うっとうしい」って言うけどそれだけで、振り解いたりしないんですよね。そういうところが好きです♪
頂いた最後の一文、嬉しかったです!もっと精進して、またそう言っていただけるように頑張りますね(>▽<)
コメントありがとうございました!


>TOM様

ありがと~!何とか終わったよ!
そうそう、甘いだけの入江くんなんて入江くんじゃないよね。
他人から見ると奥さんにやたら厳しいから、愛してないんじゃないの?と思われそうだけど、実は他には無関心っていうのはすごく納得!
きっと琴子はわかってないんだろうけど(笑)
R18に続くのよ、続くの!って、退院後なんだけど…それで、またしてもこれを表にアップしていいのかと悩むところなんだけど、裏ないし…(^^;
夫として甘やかすのか医者として甘やかすのかで、大分内容が変わってくるよね。さて、どっちになるのか…入江くんがどう動くかは私にもわからないので、ドキドキしてるの。もうちょっと待ってて~(^^)



>naotti3様

たまにはエロいだけでなく、甘い入江くんをお届けせねばと思い立ちまして(笑)
このブログを見た妹に言われたんですよ。お姉のブログって、そっち傾向専門?って…。専門って何さ!と否定したのですが、見返してみたらけっこう裏もあって、あながち否定できないのかなぁ、と。
とか言っておいて、ご褒美がちゅーだけなわけもなく、裏を書き始めていたりします。舌の根も乾かぬうちにって、こういう時に使うんだと思います(^^;
次の更新になるか、間に違うのを挟むかは未定ですが、出来上がったらまたアップしますね!
コメントありがとうございました♪

NoTitle 

幹ちゃんってホントいい人ですよね~v-433めっちゃ友達にほしい!!と毎回思っちゃいます。
ひそかに好きなキャラの西垣先生も入ってて楽しく最後まで読まさせていただきました♪
しかし、師長強すぎ(笑)
甘~く介添えする入江くん見てみたいです!ぜひ続編をv-346

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>たらこ様 

ほんと、いい人です。書きやすいですし(笑)私も友達にほしいです~。人生相談とか、深みのあるお言葉をいただけそう!
あの病院で、看護師長に勝てる人っているんでしょうか(^m^)入江くんですら時には押されてしまうのでは?というくらい、最強なイメージです!甘くお世話してるはずなのに、退院したら変なお世話を始めてしまいました……どうしてすぐそっちに!?と、ガックリきております(笑)
続編、もう少しお待ち下さいませ♪コメントありがとうございました!

>吉キチ様 

こんばんは!
カミングアウトと合ったので、一体何を…!?とドキドキしておりました。いや、ごめんなさい、本当の意味ではわかってなかったです~(^^;
私の場合、西垣先生を落として遊ぶのが好き=西垣も好き、という何とも歪んだ好意なのですが、そういう感じで捉えていました。そっか、本当の意味で(?)だったんですねぇ。でもでも、うちで西垣先生がイイ思いすることってありませんから(笑)きっとこれからも直樹に容赦なくやられることになりますしww
吉キチ様が西垣先生にコメ入るってことは、上手い具合に西垣落とし(酷)が決まったってことですよね。
それって、ある意味成功ってことかも!?と思うので、ガンガンお願いします!(勘違いしてたらごめんなさい!)
スイスイ進むコメント、私も楽しみにしておりますので(^^)
カミングアウトありがとうございました!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>吉キチ様 

こんにちは~!
そこまでとは、いっそ見事というか、気持ちいいですね!いやいや、どっちつかずよりも私はそういう方が好きなので…。これも反転でないとギリなコメントかもしれないですが(^^;

吉キチ様の♪やめられない止まらない~は実はかなりお気に入りで、ぷぷっと笑って不審がられています(笑)
私はどうもR18になると♪やめられない止まらない~の絶倫直樹が楽しくなってしまうようで、ヤバイのです。
また新しく作ったら、ぜひ教えてください♪ほんと、大好きなのです~!
カミングアウト2ありがとうございました(^^)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【Likes you who do your best -2-】へ
  • 【頑張った君のために】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。