*初恋*

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ある朝のこと ナイショのお話はこっそりと?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

「二次創作」
短編

もういくつ寝ると…

 
 ある朝のこと ナイショのお話はこっそりと?
あけましておめでとうございます!

昨年10月末にオープンした当ブログも、無事年を越すことができました。
これもひとえに、訪れてくださる皆様のおかげです。
至らないところも多いですが、優しく受け入れてくださって…本当にありがとうございました。

まだまだ脳内はイリコトでいっぱいです(^^)
いつかカッコイイ入江くんを書けるようになることを夢見て。(青い入江くんや調教師入江も大好物ですがw←自主規制)
今年もよろしくお願いいたします!

続きに、ご挨拶兼ねた山ナシ落ちナシを置いていきます~。
大晦日から元旦にかけての、ほのぼのイリコトです♪(※当ブログ仕様なので一般的なほのぼのとは若干趣が違うかもしれません)


もういくつ寝ると…



 
 テレビの中から除夜の鐘の音が流れてくる。
 レポーターは華やかな口ぶりで大晦日を告げていた。
 世田谷にある入江家では、あいにく除夜の鐘は聞こえない。琴子はソファーの上で膝を抱え、ぼんやりとしていた。

「んん~~、これっていう番組ないなぁ」

 紅白を見なきゃ大晦日じゃない、と言い切る紀子に付き合って紅白までは楽しんだけれど、その後見たい番組がない。
 明日は早いからと、紀子や重樹、裕樹は寝てしまった。重雄はまだ店だ。
 琴子ももう寝ようかな、とも思うけれど、直樹がまだ書斎で勉強してい。
 何も大晦日まで、と思ったものの、下手にそんなことを言うとお前もやれと言われそうで、琴子は黙っている。
 看護科の友人たちからは初詣に誘われたけれど、やっぱり琴子は、年明けは家族と過ごしたいからと断っていた。
 でも、大晦日がこれでは、元旦も直樹は勉強をしていそうだ。
 イベント好きな紀子の一声で、毎年初詣だけは行っているけれど……他に楽しみはないかもしれないな、と思った。いい加減、お年玉という年でもないし。
 そこまで考えて、琴子は小さく欠伸をした。
 抱えた膝の間に額を押し付ける。
 暖房のきいた温かい部屋の中で、琴子はウトウトとまどろんでいた。

「…ん……」
 
 寝るなら部屋に行かなくちゃ。そう頭の隅でわかっているのに、体が重たくなって動けない。
 暖房だってタイマーで切れてしまうから、このまま寝たら間違いなく風邪をひいてしまうだろう。
 けれど。

「ちょっとだけ……」

 そう、三十分でいいから。
 思うが早いか、琴子は静かな寝息を立てていた。



            ************

 

 体が揺れている。
 柔らかいものに下されて、感じ慣れた温もりに包まれているのがわかった。
 意識が少しだけ浮上して、琴子はうっすら目を開ける。
 
「…起きたのか?」
「入江くん……」

 少しひんやりとした寝室で、琴子は直樹の腕の中にいた。
 直樹は書斎にいたはずだ。自分はリビングに――。

「…連れて来てくれたの?」
「重かったけどな」
「抱っこ?」
「足抱えて引きずってきた方が良かったか?」

 くすっと直樹が笑う。
 ぼんやりとした頭でも、その顔は優しく魅力的に見えた。
 ほにゃっと顔を緩め、琴子は直樹に頬を寄せる。

「ううん……抱っこがいい」

 腕枕に差し出した腕を曲げ、琴子の頭を抱え込む。
 琴子は眠ったわけではないようで、顔に降ってくる直樹のキスを受けながら「あのね」と口を開いた。

「さっき…テレビで除夜の鐘やってた…」
「大晦日だからな」
「108…煩悩の数って。入江くんも108個あるの?」

 ぷっと直樹は吹き出した。本当に人間の煩悩の数が押し並べて108であるとするのなら、直樹だって同じように108あるはずである。一体自分の夫を何だと思っているのか。
 くっくと喉を鳴らす直樹に、琴子は不思議そうに目を瞬かせた。

「やっぱりないの?」
「あるよ、ちゃんと」

 ちゃんと、と言うべきことなのかどうかは微妙だけれど。
 直樹は琴子の前髪をかき上げ、丸い額にキスを落とした。くすぐったそうに琴子が目を瞑る。

「でも、俺は鐘の音聞いてないから、煩悩払えてないかもな」
「あたしだって、半分も聞いてないよ…テレビ、ちょっとしか流してなかったもん…」
「そうか」
「だからかな……あたし、煩悩いっぱいかも…」

 とろん、と琴子が目を細める。
 薄く開いた唇に触れるだけのキスをしながら、直樹は先を促した。

「明日になったら…入江くんと一緒に初日の出見て……おみくじ引いて、それから…新年のパーティーして……」
「…疲れそうだな」
「ん……でも、きっと楽し……」

 琴子が小さく欠伸をした。 
 華奢な体を抱きしめていた直樹と反対に、琴子の眠気はピークに達したようだ。

「俺は、そうだな……初日の出なんか見ないで、お前と寝坊したいけどな」
「寝ちゃうの…?」
「そう」

 もったいないよ、と琴子が少し笑った。
 ふっくらとした頬に指を這わせ、また唇を啄む。
 こんなゆったりした時間を過ごすのが、実は直樹の一番の幸せだったりするのだが、琴子はきっと知らないだろう。
 
「そうでもないぜ?明日は忙しいしな」
「そ…なの?」
「ああ。今日はしっかり休んでおけよ……―――だから」
「え…なんて?」

 直樹の言葉の最後が聞き取れなかった琴子が、眠たい頭で問い返す。けれど、直樹は笑うばかりで答えてくれなかった。
 ただ寝付かせるように琴子の髪を梳き、琴子の体を優しく抱きとめている。
 そのうち琴子もどうでもよくなってしまい、眠りの世界へと旅立ってしまった。
 この時ちゃんと聞いておけばよかった、と琴子が後悔するのは、翌日のことである。



              ************




 初詣も終わり、家族間の年始の挨拶も済み。
 昨日のやり取りなど夢にしか思っていない琴子は、ベッドに入った後、今度は初夢の話を直樹にしていた。
 けれど、今日は昨日と違う。
 琴子は起きていて、直樹は眠らせるつもりがなかった。
 柔らかい体を組み伏せながら、直樹はにっこりと笑う。

「初夢、姫初め。年始は忙しいよな、いろいろと」
「…入江くん、今なんて?」
「姫初め。大変だと思ったから、昨日ちゃんと寝かせてやったろ?俺って優しいよな」
「!!!」

 姫初め――紀子から渡された新婚ノートに書かれていた気がする単語。
 でも、琴子は自分には関係ないと思っていたもの。
 …まさか、それを言われるとは。

「今年もよろしくな、奥さん」
「よ…よろしくお願いいたしますでゴザイマス……」

 とりあえず、今年もラブラブで過ごせますように!という願い事だけは叶えてもらえそうな琴子なのだった。
 


 END



きっと年末年始の素敵なイリコトは、他のサイト様が書いてくださるに違いない!と他力本願。
甘々で桃色入江で落ち着きました。新年1作目がこれなので、今年の傾向が透けて見えるような…(笑)
関連記事

総もくじ 3kaku_s_L.png 【二次創作】
もくじ   3kaku_s_L.png   短編
*Edit ▽CO[9]
Tag List  [ * ]    

~ Comment ~

NoTitle 

miyacoさん、明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いしま~す!

姫初め・・・来るな~と思ってました!
期待を裏切らないサイトだわ~とつくづく感心・・・。
今年もこの路線全開でお願いいたしますね。

明けましておめでとう! 

今年もよろしく!桃色琴直 二人の新年はやっぱり姫始めで決まりですね
ママのノートには何でも書いてあるねぇ!琴子ちゃんが鍛えられそうですね
また今年もたくさんのお話楽しみに待ってます!

>たーくんママ様 

あけましておめでとうございます!
こちらこそ、今年もよろしくお願いします~(^^)

姫初め…ええ、来ちゃいました!ぎりぎりまでピュア路線でと思ってたんですけども、ダメでした(笑)
今年もこの路線でいいですか!?ありがとうございます~!
カッコイイ入江くんはいないかもしれませんが、愛だけはたくさん詰め込んでありますので♪
琴子には怒られてしまいそうですが、入江くんに頑張ってもらおうと思います(^m^)フフ
新年さっそくのコメント、ありがとうございました!

>さくら様 

あけましておめでとうございます(^^)今年もよろしくお願いします~!
桃色直樹…字面だけなら可愛らしいのに、なんだかすっごく残念な感じですよね(笑)自分で書いてて思いました(^^;
ママのノートは大活躍で、本当にもう、実は入江くんはママに感謝しているのではないかとwww
思いつくまま、いつかかっこいい入江くんを書けるようになることを祈って…今年もがんばります!
新年さっそくのコメント、ありがとうございました(^^)

拍手お返事 

>紀子ママ様

あけましておめでとうございます!レスが遅れて申し訳ありません~(><)
私はやっぱり、涼しい顔して桃色な入江くんと、それに振り回される真っ白な琴子が大好きなようです♪
カッコイイ入江くんに憧れつつ、そこは他のステキサイト様に期待しつつ(^^)
ぜひぜひ、うちの入江くんにはスッポンとかマムシドリンクをお願いいたします(笑)
今年もよろしくお願いします!コメントありがとうございました~(^^)


>naotti3様

あけましておめでとうございます!お返事が遅れて申し訳ありません(><)
今年もうちのイリコトはこんなテイストで進むと思います♪だって、桃色入江くんに振り回される真っ白琴子が大好きなんですもん(^^)ぜひぜひ、今年もよろしくお願いいたします!
コメントありがとうございました!

拍手お返事 

>ピーチ様

あけましておめでとうございます!
毎年恒例姫初め…(笑)!!すごいですね、さすが入江くん!!
みんなの前で「抱っこ」かぁ。入江くん、デレを抑えるのが大変そうですね(^m^)ププッ
いいかも!入江くん視点で書いたら別人になりそうですが(笑)
今年も楽しく妄想をしていけたらいいなぁと思っておりますので、今年もよろしくお願いいたします!
コメントありがとうございました(^^)



>みえ様

あけましておめでとうございます~!
年越しは…大掃除が最後まで終わらなくて、親戚との付き合いに疲れてイリコト妄想に避難する感じでした(←ダメ人間の見本のよう)お酒の入ったオヤジは苦手なのです(--;
これが入江くんならなぁ~~~って、琴子的思考になってました(笑)
新年更新の1分後に見ていてくださったなんて、嬉しいです♪ありがとうございます!
きっと疲れ果てた琴子もがんばった入江くんも、喜んでくれていると思います(^m^)フフッ

今年も妄想で乗り切ろうと思っていますので、ぜひぜひよろしくお願いいたします!イリコト妄想が楽しくて楽しくて(^^)さらに、みえ様とのやりとりも楽しませていただいておりますので、またのお越しをお待ちしておりますね。コメントありがとうございました!

先ず我慢・・・でもねぇウフゥフゥ 

こんばんは
 あけましておめでとうございます。 今年もお願いします  直樹の姫始め・・・・おとなしく前日寝かしたのねぇと思ったら姫始めを じっくり堪能する為に我慢だったんですねぇ・・・ 上の空で寝てしまった琴子・・・次の日は 立てるんでしょうかぁ・・・エヘヘ 今年もお待ちしてます。お願いします。 

>吉キチ様 

こんばんは!そして、あけましておめでとうございます!
去年は吉キチ様の温かいコメントでほっこりさせていただいてきて、とても嬉しくありがたかったです!こちらこそ今年もよろしくお願いいたします(^^)
お楽しみを心から楽しむためなら、ちょっとくらい我慢するのは何でもないお人だと思います(笑)なにせ、忍耐力だけはありますし!
きっと次の日はヘロヘロで、紀子ママはムフフと笑い、琴子は恨み節だったのではないかと(^m^)フフッ
今年も楽しんで妄想していきますので、ぜひお付き合いくださいませ♪コメントありがとうございました!

拍手お返事 

>TOM様

きゃ~~、こっちにもありがとうございます!2年越しのムフフwwwも考えたんですけど、新婚ノートネタに絡めたらこっちかなぁとwwwww108全部琴子絡みの煩悩って、怖いけど入江くんならありえそうなんですよね(笑)琴子も大変だ~って思うけど、ほんと、相手が入江くんなんだから羨ましいですよねぇ…。
もしTOM様がご近所だったらやばいですよ!飲み会ならオールで語れる自信があります(≧∇≦)キャー♪もちろんランチならランチで、追い出されるまで喋ってそうです~。
メール、今日に限って旦那が早く帰ってきた上に、明日意味もなく有給を取ったとか言いだしやがりまして…( ̄Σ ̄;)ブー
予定が狂う行動は慎めとあれだけ…ブツブツ。本当にごめんなさい!でも気にしないでって言ってくださって嬉しかったです(^^)
コメントありがとうございました!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【ある朝のこと】へ
  • 【ナイショのお話はこっそりと?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。