*初恋*

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 Unjust suspicion A curse of underwear
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

「バカップル」
バカップルライフ

バカップルのキスの意味

 
 Unjust suspicion A curse of underwear


バカップルのキスの意味





 モトちゃんが言ってたの。
 男の人のキスと、女の人のキスは違うのよって。
 女の人はキスだけでも満足できちゃうけど、男の人は違って、えっちの方が重要なのよって。
 それを聞いた時、あたしは妙に納得したんだ。
 あたしは入江くんとキスできるだけで幸せだけど、入江くんは絶対、その先もセットで求めてくるから。
 だから、キスはキスでしっかりするけれど、メインはえっちの方だったのね、と思ったの。
 

 入江くんは、人がいる時は冷たい。いや、いなくても冷たいっていうか素気ないんだけど、あたしが油断していると、いつもキスをしていく。
 入江くんの様子を見に医学部に行った時、廊下ですれ違った時、図書室で一緒に勉強したとき(付き合わせたとも言う)――そう言うときだけは、他に人がいたって平気らしい。
 見られちゃうよって言っても、見る奴が悪いというジャイアンっぷりを発揮して、改めるつもりはないみたい。
 そして出来るものなら最後まで、という時が…ある。セットなんだから当然なのかもしれない。
 そりゃ、入江くんとのキスは嬉しいし、幸せだけど。
 でもでも……見られるのは恥ずかしい!ベッド以外でするのも恥ずかしい!
 そんなわけで、あたしは入江くんとの人前でのキスをかわす作戦を決行することにした!
 そうしたら…その先も、隔日くらいになるかもしれないし?



               

              ***********






 入江くんがキスする前にかわす――それは口で言うよりも難しいことだった。
 あたし、自分が鈍いと思ったことはないんだけど(これはモトちゃんに大笑いされた)入江くんがすばしっこすぎる。
 それでも一週間経つ頃には10回に1回は防げるようになって、あたしは満足していた。
 その代わり、入江くんと二人っきりになれる寝室では、思いっきり甘えたし、入江くんが求めることは極力応えるようにした。
 ある日も、恐らく今までであればキスしてきたであろうタイミングを見事に防ぎ、あたしは上機嫌で帰宅したのだ。
 そうして、妙な緊張感を孕んだ一週間が過ぎた頃、あたしはついに逆襲されることに…。






「お前…なんで避けんの?」

 図書館の奥、人も滅多に来ないような隅の隅に追いやられ、あたしは借りてきた猫っていうか捕らえられたネズミっていうか…とにかく小さくなっていた。
 
「さ、避けてなんか…」
「じゃ、俺が嫌いになった?」
「そんなわけないでしょ!」

 思わず大きな声で否定して、入江くんの大きな手で口を塞がれる。ふがふがと抵抗すると、こつん、と頭に拳骨が落ちてきた。…痛い。
 
「でけぇ声だすな、バカ」
「だ、だって…」

 入江くんが変なこと言うんだもん!
 あたしが入江くんを嫌いになるなんてこと、死んだってあり得ないのに。
 
「じゃあ、どうして?」
「……」
「言えよ」

 入江くんの手が、あたしのカットソーの裾から入り込んでくる。
 冷たい手が這い回って、あたしはあまりの冷たさにぞくっと体を震わせた。ブラジャーを押し上げて、入江くんがあたしの胸を包む。
 やめてって言いたいけど、今口を開いたら、言葉じゃなくて変な声が零れてしまいそうで、あたしはぎゅっと唇を噛んだ。
 そうしている間に、入江くんがあたしの胸に吸いつく。固くなった先端を唇と舌で扱かれて、あたしは何とか声を抑えて、熱を帯びた息だけを吐き出した。

「言わない気?」
「さけ…て、なんかいない…も…んっ」
「へえ?」

 本当だもん。かわしてただけで、入江くんを避けてたわけじゃないもの。
 だけど、そんな言い訳は言えなかった。
 入江くんがあたしのパンツをずらし、指を入れてくる。濡れた音が立つまで弄られて、あたしは必死で入江くんにしがみついた。
 キスも恥ずかしいけど、こんなところでイタしてるのを見られるなんて、お話になんない!
 絶対声は出せないし…けど口を開いた違う声が出そうだし。あたしは目の前の入江くんの肩に噛み付いて、何とか声を押し殺す。
 長い指で奥を擦られる感覚に、あたしの頭がぼんやりしてくる。
 遠くなりかけた意識で、入江くんがベルトを外す音が聞こえた気がした。
 まさか…!?

「……ッッ!!」

 あたしの片方の太腿を上げさせて、入江くんが押し入ってくる。
 一気に最奥まで貫かれて、あたしは打ち上げられた魚みたいに口をぱくぱくさせた。
 苦しい…お腹、いっぱいだよぉ……!
 
「んっ……つっ……ふっ」

 激しく動くと濡れた音がしてしまうからか、入江くんは小刻みに奥を突き上げてくる。
 中を擦られる感覚よりも、突き上げられる強い快感がすごい。
 突き上げられる度に上に跳ねてしまうあたしの体は、次の瞬間には重力に従って地に落ちようとしていて。入江くんはそのタイミングでまた突き上げてくるものだから、あたしは文字通り「貫かれる」を体感していた。
 痛いくらいの刺激に、あたしは完全に酸欠だ。
 くらくらする頭で何とか意識を保つので精一杯。
 しばらくしてから、入江くんが低く呻いた時には、意識も朦朧としてしまっていた。




 すっかり腰の抜けてしまったあたしを支え、入江くんが一緒に帰ってくれる。
 何とか自力歩行してるけど……どこかの人型ロボット(ア○ボ)もびっくりの動きしかできない。
 うう…入江くんのえっち!

「なんであんなトコで…」
「お前がキスさせないからだろ」
「だ、だって!」

 そこに山があるから登りました、みたいなノリで言われても困る!
 あたしは入江くんを睨んだ。もちろんそんなの入江くんに効果があるはずもなくて、入江くんは小バカにしたように笑っている。

「キスさせてりゃ、あんな風に襲われることもなかったのになぁ」
「…!!」
「まあ、お前が何考えたかなんて想像つくけど?言っとくけど、俺はキスしたかったらキスするし、セックスしたかったらセックスするからな。逃げられるなんて思うなよ」

 モトちゃんから聞いた、男の人のキスと女の人のキスの違いは嘘だったってこと!?
 それとも、入江くんが特別仕様なのかな…わかんないけど、一生懸命逃げ回って、緊張しまくっていたあたしの一週間は一体…。
 入江くんがニヤリと笑う。

「お前がキスされまいと逃げてるのはわかってたよ」
「えっ…」
「大方、人前でキスするのは恥ずかしいとかそんなところだろ?」

 全部お見通しなのね。あたしは小さく頷いた。
 入江くんがくっくっと喉を鳴らして笑う。
 もうわかったわよ、モトちゃんの言ってたのは女の子の勝手なイメージってことでしょ。
 それでもって、入江くんの場合は、適度にキスでガス抜きさせておかないと、ああいう風にとんでもないところでドカンと爆発する…と。そういうことよね?
 はあ…こんなことなら、キスの意味なんて考えないでいればよかった。
 後悔って、本当に後からするものなね。
 入江くんはがっくりしたあたしの肩を抱き、家まで連れ帰ってくれた。
 
 キスはキス、えっちはえっち。
 天国のお母さん、琴子はまた今日もひとつ、賢くなりました…。とほほ……。



 
END 






「痛いくらいの刺激に」と書こうとしたら、持ち主に似てそそっかしいPCが「痛いくらいの重樹に」と出して、吹きました。イリちゃんパパごめんなさい!!
そして相変わらず盛った入江くん…(--;
なんでいつもこうなっちゃうんだろう!?いつも書き始めはクールでカッコイイ入江くんを書くぞ!と思っているのですが…。
関連記事

総もくじ 3kaku_s_L.png 【バカップル】
もくじ   3kaku_s_L.png   バカップルライフ
*Edit ▽CO[7]
Tag List  [ * ]    

~ Comment ~

 

こんにちは!
例え奥の方としても(人目に付かないところとしても)、図書館内で合体できてしまう入江は・・・桁外れの男ですね!
文中に出てくる 入江=ジャイアン には、マジウケ~(腹かかえて笑った~!)こういう小笑いネタを織り交ぜつつ、エロを展開していくmiyacoさんのお話にホント釘づけです!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>たーくんママ様 

そこが入江クオリティですよ!たーくんママ様(笑)!
不思議と人が寄ってこないのです。そういうところだけ、妙にラッキーだったりしそうだなぁと思っています。
入江ジャイアン、ツボでした?ふふふwww
いや、狙って書いたわけではないのですが、そう言っていただけると嬉しかったりします♪
ありがとうございます~(^^)

>吉キチ様 

こんばんは!
まさか、当の琴子から妨害が入るなんて思ってなかったでしょうから、1週間くらいモヤモヤしていたはずですww
吉キチ様の「絶倫夫」に吹き出しました。すごすぎる……でも、直樹なら似合ってる!と(笑)
そりゃあもう、直樹もムスコもww琴子大好きですから!ふふふ……www

琴子攻め、けっこう皆様からリクがありまして(笑)
どうしようかなー、ドS入江がどうしたら受けの立場に甘んじるかなーって妄想しております☆
ちなみに、朝からそんなことを考えてました。ニヤニヤしすぎて、キモイと言われることに慣れつつあったり…。
直樹視点にするとまたエロさが増すし、そこら辺も考え中です。出来上がったらお楽しみいただけますよう、もう少し煮詰めてみますね!

拍手お返事 

>TOM様

そうそう、原作では大学時代は本当にクールなんでですよね|||/(≧□≦;)\|||オーノー!!
だから私も、学園祭のキスではものすっごく萌えました!!
なので(?)そこからさらに妄想を広げさせていただいて、キスは人前OKな入江くんは、人さえいなければ盛ってOKということにwwww
そういうところは、琴子の方がまっとうな羞恥心を持ってそうですよね(笑)キス魔の入江くんのお相手は大変だと思うけど、ぜひぜひ琴子に頑張ってもらわないと!
男女のキスの話は、私も眉唾かな~って思います。ただ、二次創作書きとしては何とも美味しいネタなのは間違いない♪しかもキス魔入江には使わない手はないネタでしたwwww



>naotti3様

こんばんは(^^)
特に私が書くと、琴子に関して理性がなさすぎる入江くんがよく登場します(笑)
お家に帰ったら、そりゃあも~……直樹視点にしたらとんでもないことになりそうな、大変なことをされていそうです。ジャイアン入江、ウケていただけたようで(笑)狙ったわけではないんですけども、そう言っていただけるとやっぱり嬉しいです(o^-^o) ウフッ



>紀子ママ様

特別仕様も、この場合はちっともありがたくないかもしれないですよね(笑)
西垣先生に文句を言いに行った日は、きっと這うようにして出勤したんだと思います。ウフフwww
そしてまた、それをネタにモトちゃんとかにからかわれて……ああ、琴子不憫な子(^^;
でも、直樹の相手は琴子だけですもんね!私もそう思います♪足腰へろへろでも頑張って~って(^^)

 

10回に1回かわしたくらいでガスがたまってしまうなんて入江くんどんだけタンク小さいねん!!(笑)

暴君ジャイアン+頭脳明晰出来杉くん+お金持ちスネオの要素を持ち合わせた入江くんに、
さしずめのびたといった琴子には太刀打ちできるわけないですよね~。
と、なると入江ママはドラえもんってとこかな

>たらこ様 

めっさ小さいですよ!スズメの涙が数滴落ちただけでいっぱいいっぱいですwww

確かに、ジャイアン+出来杉+スネオですね、入江くん(笑)!本当だ~って笑ってしまいました。
ドラえもんは、紀子ママとモトちゃんでしょうか♪
変なアイテム(主に夜に使用系)なら真里奈もありかもしれないですね(^皿^)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【Unjust suspicion】へ
  • 【A curse of underwear】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。